• みずき書林

今年の総括


年の瀬だから今年を振り返って総括するようなことを書こうと思って、さっきから考えているけれど、何も浮かびません。

というか、浮かぶには浮かぶのですが、まとめられるほどに、まだその対象と距離が保てていない感じです。


今年は、本当にあっという間でした。

とくに3月くらいからは一瞬でした。

その間に起こったことは、どれもこれもつい先日起こったことばかりで、函詰めしてラベルを貼って仕舞いこむにはまだ早すぎます。


角度を変えて、2018年のベスト本を選ぼうかと思ったのですが、今年ばかりは自分のところで出した4冊の本を選出せざるをえません。こういうランキングに自社の刊行物を挙げるのはほんとはルール違反ではありますが、創業年である今年ばかりは、他に選択肢が思い浮かびません。

今年のベストフィルムも、言うまでもないことです。

音楽は、今年のサントラについてはすでに書いてしまいました。


人生初体験だったことベスト3は、

1.会社を辞める

2.会社を立ち上げる

3.アップルパイを作る

かな。



むむ。

年末も押し詰まって、ほんとに書くことが思いつかないな。

寝よう、今夜は。


最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.