• みずき書林

今年の総括


年の瀬だから今年を振り返って総括するようなことを書こうと思って、さっきから考えているけれど、何も浮かびません。

というか、浮かぶには浮かぶのですが、まとめられるほどに、まだその対象と距離が保てていない感じです。


今年は、本当にあっという間でした。

とくに3月くらいからは一瞬でした。

その間に起こったことは、どれもこれもつい先日起こったことばかりで、函詰めしてラベルを貼って仕舞いこむにはまだ早すぎます。


角度を変えて、2018年のベスト本を選ぼうかと思ったのですが、今年ばかりは自分のところで出した4冊の本を選出せざるをえません。こういうランキングに自社の刊行物を挙げるのはほんとはルール違反ではありますが、創業年である今年ばかりは、他に選択肢が思い浮かびません。

今年のベストフィルムも、言うまでもないことです。

音楽は、今年のサントラについてはすでに書いてしまいました。


人生初体験だったことベスト3は、

1.会社を辞める

2.会社を立ち上げる

3.アップルパイを作る

かな。



むむ。

年末も押し詰まって、ほんとに書くことが思いつかないな。

寝よう、今夜は。


最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.