• みずき書林

今年はもう11日しかないらしい。


つい3日ほど前に会社を立ち上げたばかりなのに。

あれからもう9カ月も経とうとしているのか。


実際、今年はいろいろありました。

間違いなく、近年稀なほどに変化が激しく、また実に面白い一年間でした。


どうしてこんなに面白かったのか。


これはもう、人に恵まれたのが一番の理由であるとしか言いようがありません。



独立してひとりになった、何者でもない僕に付き合っていただいた皆様。

至らない点は多々ありましたが、皆様にご助力をいただけたことで、支えられました。

僕は今年一年、好きな人としか会いませんでした。



グーグルカレンダーの記載によって、たとえば今年の毎月1日になにをやっていたか振り返ってみると。


1月:正月。実家。

2月:前職時代。同僚と史料編纂所へ行き打ち合わせ。

3月:出版クラブで会合。辞めることを決めた直後だったのでスルーして部屋の片づけ。

4月:休日。アメリカ主張から帰国し、独立直後。機材・備品の設営。

5月:午前中にジュンク堂本店へ。午後は印刷所の営業担当者を訪問。

6月:マーシャル日記翻刻会議。

7月:「マラソン予備」と書かている。要するに、長丁場&連続の編集会議の予備日。

8月:丸善さんと面談。午後は前職の同僚と飲む。

9月:休日。さるイベントに参加。

10月:終日社内で仕事。翌日のトークイベントに向けて集客。

11月:著者と打ち合わせ&呑み会。

12月:午前中、映画初日。午後、打ち合わせ&呑み会。


一日一日は変哲もない日々です。

でも、楽しかった。



あなたがいたから、充実して過ごすことができました。

きみがそこにいるから、負けじとがんばることができました。

おかげさまで、ふらふらしながらなんとか生きています。

あなたたちがいるから、来年もまた楽しいでしょう。



わかっています。これはどうしようもない文章です。

しかもなぜか、なんだかもう死ぬみたいなかんじです。


まあいいや。


***


ずっとお付き合いいただいているある教授の研究室のドアにはホワイトボードがかけてあり、そこには

「生きて 生きるよー」

と書いてあります。

もう何年も、ずっと変わっていません。

可愛らしいような手書き文字で、マジックペンで書いてあるのでいつ消えても不思議ではないのですが、何年も残っています。

先日も久しぶりに研究室を訪れて、まだ残っているのを確認してきました。


生きて 生きるよー


最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.