top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

今年も早くも後半戦


今年後半の予定をなんとなく思い描いてみた。


忙しいのか、忙しくないのか、よくわからない。


いまから集中的に作業をして9月に刊行しようと思っている単行本が1冊。

9月末の締め切り(総勢19名)で年末刊行予定の企画がひとつ。

年末~来春に刊行する予定のものが、この夏~秋に集中的にインタビューを行いたいと思っているものも含めてとりあえず3本。

その他、刊行は少し先だけど、準備や取材をやりたいものも3本。

9月からは非常勤講師が週2コマ。


何とかなるような。ならんような。

まあ、やってみるまではわかりません。



実は、この1週間ほどは比較的時間があった。

ひとりでやっていると、ヒマだと怖くなる。

根が真面目で貧乏性なものだから、やることがなくて時間がぽっかり空くと、なんだかソワソワして落ち着かない。黒い服を着てギザギザの翼をつけて右肩に座ってる奴が、お前死ぬ気か? 働けよ、と言う。

いっぽうで、せっかくひとりになったんだから、時間のある時には休もうよ。という声も聞こえる。いいんだよ、暮らしを楽しめばさ。白い服を着てふわふわの羽根を生やして左肩に腰かけてる奴が言う。


どっちが正しいのかわかりません。

というか正解は、ふたりの意見のいいとこどりで、楽しいことで忙しくすること。

やりたいこととやるべきことがいっぱいあって、明日はあれとこれとそれをやろうと考えながら眠りにつきたい。

働くのが楽しいなんて、今風じゃないのは重々承知ながら(笑)。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comentarios


bottom of page