• みずき書林

仕事中のBGM

仕事をしながら音楽を聴いています。

作業用のBGMというやつですね。


今やすっかりおしゃれ音楽として認知され、バーからトラットリアからスーパーまでどこでもかしこでも流れているジャズですが、実際にはこれはかなり複雑かつ高度な音楽であって、実はBGMにはならないと思っています。

フリージャズなど言うに及ばず、ビバップやモードでも、意外と耳が気にします。

ホーンのフリークトーンがいかんのだピアノなら問題ないと、みんな大好きビル・エヴァンスをチョイスする向きもあるかもしれませんが、あれは大人しそうなイメージですが、実際にはかなり気になってしまう音楽です。

今日はコルトレーンの『アセンション』を聞きながら仕事をしてみましたが、これはもう最悪。こういうこと言うと怒る人もいますが、たんなる雑音(笑)。

とにかくもう、みんなが集まってむちゃくちゃ演っているようにしか聞こえない。(実際、たんにめちゃくちゃ演っているだけ。という評価もありますが(笑))



あと最悪なのは、いうまでもなく落語ですね。

ぼくは料理をしながら落語を聞くのが好きで、最近は柳家喜多八を愛聴していますが、仕事中はダメですゼッタイ。

つい聞き入ってしまい、梱包とか宛名書きとか、単調な作業すらできません。


要するに、ことばとリズムが耳を持っていくのだと思います。

ことばの意味がそのまま入ってきてしまうのは無理で、なおかつリズムが一定、あるいはリズムがない音楽がいいのだと思います。

ジャズは自由奔放にリズムチェンジがあるから、意識が流れに溶け切らないところがある。


そういう意味では、リズムが一定で単調なロックミュージックは、意外といい。

もちろん複雑なリズムのプログレとか、単純に騒々しいメタルとかはダメですが、オールディーズや80年代の能天気なポップミュージックは、意外とはかどります。


あとはクラシック。

オーケストラは鬱陶しい。最近はオーラヴル・アルナルズとかマックス・リヒターとか、ポスト・クラシック(ひどい呼び方だ)の静かなものを聴いています。


このテキストは、チック・コリアとゲイリー・バートンの『Crystal Silence』を聞きながら書いていますが、ピアノとビブラフォンだけなのに、そうとう気になる、主張の強い音楽。

考えてみれば、両方とも打楽器だし。

こういうのを聴きながら書いていると、何書いてるかよくわからない。

「Crystal Silence」じゃないだろ。




とはいえ今日挙げた音楽はぜんぶ好きです(『アセンション』以外)