• みずき書林

仮想が現実に。


いまやっている演習の講義では、学生たちで仮想の会社を立ち上げて、企画をひとつ立ち上げる、という授業をしています。

いわゆる〈版元ごっこ〉ですね。



授業も2/3を終え、社名も企業理念も決めて、最近はみんなで考えたある企画のブラッシュアップをしていました。

すると、前回の講義の前に学生が手を挙げて、

「こんな本が出ました」


なんと、我々が考えていた企画に酷似した本が、最近出たと。

某O田出版さんより、11月27日奥付で、1800円。



学生たちの企画とは扱う対象物へのアプローチや造本が違うので差別化は図れますが、ともあれ企画の狙いはまったく同じ。

書名も、ほとんど同じタイトルが候補に挙がっていたこともありました。



ををを。ちょっとすごいじゃないか、みんな。

あなたたちの考えていたことは、立派な商業出版が実行するようなことだっんだよ。

こちらは講義内の仮想実験なのでリアルになることはありませんが、O田さんに売り込んだら、いけるんじゃないのかw。



我々が授業内でもてあそんでいた企画が現実世界で刊行されるという、なかなか面白いことになってきました。

この本の分析をすることで1回分講義できるな。

また授業計画を見直さないと。



ちなみにその本、けっこう売れているうえに評価も多様で、分析しがいがある。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴