• みずき書林

体温が乱高下

抗がん剤の副作用だと思うけれど、週末から体調がおかしい。

いきなり熱が38.6度まで上がり、翌日になっても引かないので念のためにPCR検査を受けたのが先週の土曜日。

ところが検査会場の病院で熱を測ったら平熱。

もちろん、PCRは陰性。


それはそれとして、吐き気と倦怠感が強い。

これもパクリタキセルの典型的な副作用。


なんとなくぐったりしているうちに、また37度台まで熱が上がる。

日曜日もそんな感じで体温が乱高下。

オンライン研究会には参加できたものの、どうにもおかしい。


月曜と火曜はまあまあ平熱で落ち着いていたんだけど、倦怠感は強い。

集中力に欠け、仕事と仕事の切り替えがうまくできない。


今日はまたしても38度まで上がる。

とても行きたかったイベントがあったのに、泣く泣く諦める。

みんなに会いたかったなあ。


明日にはよくなってますように。



それでも髭が生えるのが腹立つ。もうそんなエネルギー使わなくていいよ。



最新記事

すべて表示

退院して、ひとまず体調を自分のコントロール下に置くことを目指しつつ、日々を過ごしています。訪問看護師の方たちの手厚い看護も本当にありがたい。 こうなってみると、かつての僕にはそれなりの気力や体力が備わっていたのだと思います。 いまはそれらが愕然とするほど落ちている。 ……いま、寝落ちして、この間に15分ほど空いた。 かける量も減った。 でもできる範囲のことを少しずつ。 ああ、もう、それしかないのよ

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。