• みずき書林

僕は・運が・良いのか・悪いのか。


昨日から、抗がん剤の飲み薬が休薬期間です。


僕のやっている治療では、点滴と飲み薬の組み合わせて、3週間を1クールとします。


まず病院に行き、3時間弱ほどの時間、点滴を打ちます。

その夜から2週間、朝晩の食後に薬を飲みます。

次の1週間は薬を飲まずに、身体を休ませます。


以降、その繰り返しで、ひとまず8クールまでやります。

つまり半年間。

僕は9月末にスタートしたので、3月末まで。


ひとまずそこまでたどり着くことが、当面の目標になります。



で、いまは1クール目最後の1週間。

休薬期間中です。

なんてことはないんだけど、気持ち的には楽です。


と書いていることからもわかるかもしれませんが、非常に幸いなことに、僕の副作用は軽いほうだと思います。

きわめて軽い、と言ってしまってもいいかもしれません。


詳しい症状はいまは書きませんが、覚悟していたようなヘヴィな副作用は、いまのところ出ていません。

まずまず、我慢できるレベルです。

(しかし、カロナールとロキソニンは偉大だ)


本当は、「自分は運が悪いのか、良いのか」というテーマで書こうとしたんだけど、そのまえに力尽きた。

いつかまた書こうと思います。

僕は・運が・良いのか・悪いのか。


来週から2クール目に入ります。

せめてこのままの軽い状態が続きますように。



最新記事

すべて表示

この2カ月の幸福/不幸

自分ががんだという告知を受けてから、2か月余りが経ちました。 この間、自分は不幸であったか。と問うならば、そうではなかったと思うのです。 むしろ、幸福であったと言ってみたい気持ちすらあります。 もちろん、痛みや苦しみを感じている瞬間は、そんなふうに思う余裕はありません。 毎日薬を飲まなくてはいけなくて、化学療法のあと数日間は気分や体調がすぐれないサイクルが必ずやってくるというのも、喜ばしい状態では