• みずき書林

円満な休日

この週末は、休日らしい休日でした。

なんだかすごく久しぶりに、休みらしい休みだった気がします。


昨日は洗濯をして部屋の掃除をして、ゆっくりと本を読んでいました。趣味の読書と、仕事の原稿と。

今日は近所の店でピザを食べてから、なぜか東京ドームで巨人と阪神の試合を観ていました。野球に興味があるか? いいえ、まったく。いただきもののチケットがあったので、せっかくだから行ってみようということになったまでです。途中で二度ほどウトウトしながらもなんとか最後まで見ました(最後はそれなりに盛り上がりました。玄人受けする地味な投げ合いとかではなく、毎回パカパカと点が入る展開だったので、素人目にもなかなか楽しく観られました)。

そして帰宅してから夕食を作りました。到来物のさつま揚げを炙り、マッシュルームとほうれん草のサラダを作り、梅と大葉と低温調理のささ身を乗せた素麺を鶏出汁のスープとともに。


この間、メールチェックも控えめにして、SNSもあまり見ないようにして。


そして家にいる間は、ずっと音楽をかけていました。

遠い国で録られた、シンプルで親密で素敵な音楽です。

リラックスできるだけの単純な音楽ではないのですが、とはいえ音そのものは、優しく柔らかく、余計なもののない音色です。

繰り返し聞いていても聞き飽きません。

このことはいずれまた書きたいと思います。

不慣れな空間に戸惑う

最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.