• みずき書林

円満な休日

この週末は、休日らしい休日でした。

なんだかすごく久しぶりに、休みらしい休みだった気がします。


昨日は洗濯をして部屋の掃除をして、ゆっくりと本を読んでいました。趣味の読書と、仕事の原稿と。

今日は近所の店でピザを食べてから、なぜか東京ドームで巨人と阪神の試合を観ていました。野球に興味があるか? いいえ、まったく。いただきもののチケットがあったので、せっかくだから行ってみようということになったまでです。途中で二度ほどウトウトしながらもなんとか最後まで見ました(最後はそれなりに盛り上がりました。玄人受けする地味な投げ合いとかではなく、毎回パカパカと点が入る展開だったので、素人目にもなかなか楽しく観られました)。

そして帰宅してから夕食を作りました。到来物のさつま揚げを炙り、マッシュルームとほうれん草のサラダを作り、梅と大葉と低温調理のささ身を乗せた素麺を鶏出汁のスープとともに。


この間、メールチェックも控えめにして、SNSもあまり見ないようにして。


そして家にいる間は、ずっと音楽をかけていました。

遠い国で録られた、シンプルで親密で素敵な音楽です。

リラックスできるだけの単純な音楽ではないのですが、とはいえ音そのものは、優しく柔らかく、余計なもののない音色です。

繰り返し聞いていても聞き飽きません。

このことはいずれまた書きたいと思います。

不慣れな空間に戸惑う

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴