• みずき書林

円満な休日

この週末は、休日らしい休日でした。

なんだかすごく久しぶりに、休みらしい休みだった気がします。


昨日は洗濯をして部屋の掃除をして、ゆっくりと本を読んでいました。趣味の読書と、仕事の原稿と。

今日は近所の店でピザを食べてから、なぜか東京ドームで巨人と阪神の試合を観ていました。野球に興味があるか? いいえ、まったく。いただきもののチケットがあったので、せっかくだから行ってみようということになったまでです。途中で二度ほどウトウトしながらもなんとか最後まで見ました(最後はそれなりに盛り上がりました。玄人受けする地味な投げ合いとかではなく、毎回パカパカと点が入る展開だったので、素人目にもなかなか楽しく観られました)。

そして帰宅してから夕食を作りました。到来物のさつま揚げを炙り、マッシュルームとほうれん草のサラダを作り、梅と大葉と低温調理のささ身を乗せた素麺を鶏出汁のスープとともに。


この間、メールチェックも控えめにして、SNSもあまり見ないようにして。


そして家にいる間は、ずっと音楽をかけていました。

遠い国で録られた、シンプルで親密で素敵な音楽です。

リラックスできるだけの単純な音楽ではないのですが、とはいえ音そのものは、優しく柔らかく、余計なもののない音色です。

繰り返し聞いていても聞き飽きません。

このことはいずれまた書きたいと思います。

不慣れな空間に戸惑う

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン