• みずき書林

円満な休日

この週末は、休日らしい休日でした。

なんだかすごく久しぶりに、休みらしい休みだった気がします。


昨日は洗濯をして部屋の掃除をして、ゆっくりと本を読んでいました。趣味の読書と、仕事の原稿と。

今日は近所の店でピザを食べてから、なぜか東京ドームで巨人と阪神の試合を観ていました。野球に興味があるか? いいえ、まったく。いただきもののチケットがあったので、せっかくだから行ってみようということになったまでです。途中で二度ほどウトウトしながらもなんとか最後まで見ました(最後はそれなりに盛り上がりました。玄人受けする地味な投げ合いとかではなく、毎回パカパカと点が入る展開だったので、素人目にもなかなか楽しく観られました)。

そして帰宅してから夕食を作りました。到来物のさつま揚げを炙り、マッシュルームとほうれん草のサラダを作り、梅と大葉と低温調理のささ身を乗せた素麺を鶏出汁のスープとともに。


この間、メールチェックも控えめにして、SNSもあまり見ないようにして。


そして家にいる間は、ずっと音楽をかけていました。

遠い国で録られた、シンプルで親密で素敵な音楽です。

リラックスできるだけの単純な音楽ではないのですが、とはいえ音そのものは、優しく柔らかく、余計なもののない音色です。

繰り返し聞いていても聞き飽きません。

このことはいずれまた書きたいと思います。

不慣れな空間に戸惑う

最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.