• みずき書林

出版業界の取り組みの一部

この状況を受けて、備忘録も兼ねて、出版業界の取り組みの一部を紹介しておきます。 ●各版元の稼働状況 版元ドットコム加盟の出版社について、以下のページに各社の状況がまとまっています。 →オンラインストアの有無など、一般読者向け情報 →営業状況など、書店さん向け情報 ●書店さんの通販サイト いまは書店さんに直接いけない状況です。 休業中のところもとても増えています。 以下は、ライツ社さんの記事、書店の通販サイトのまとめです。 ここで買えば、応援したい本屋さんを支援したことになるシステムもあります。 →街の書店がやってる通販サイトまとめ なお、独自のネットショップを展開しているインディペンデントの書店さんもたくさんあります。 一例ですが、ポルベニールブックストアさんは、通販サイトで買ってくれた人に、しおりや 猫専門書店キャッツミャウブックスさんは、オンラインの常道であるカタログをポチっとする形式ではなく、ほんとのバーチャル書店です。 実際に店内を眺めて本を選べる、とても面白い見せ方。 ●丸善雄松堂の機関向け電子書籍のとりくみ 大学や研究機関限定ですが、丸善雄松堂が、電子書籍を販売しています。 電子的な学校図書館だと思ってください。 従来は同時アクセス(その本を同時に閲覧できる人の数)が1~3なのですが、大学や教育機関のオンライン授業の増加に伴い、7月末までの限定で、同時アクセス数を50まで増やしています。 小社も協力を表明しましたので、近日中に実装されると思います。 →Maruzen eBook Libraryのサイトはこちら

各社実感していると思いますが、書店さんの休業や時間短縮にともない、受注が目に見えて減っています。 とくに経営体力のない小さな書店や出版社(小社もまさにそうです)の経営は、かなり困難なものになるでしょう。 自社のオンラインショップも含めて、できることはやっていかないと。 ちなみに、オンラインショップの送料の問題、あるいは上記の電子書籍のアクセス数の増設(直接的ではないにせよ、無償提供になる)問題などは、賛否があります。 たんに自社のことだけ、あるいは読者のことだけを考えればいいわけではなく、各社、さまざまな取引先があり、考え方があります。 そういった点については、いずれあらためて考えを整理しておきたいと思います。

最新記事

すべて表示

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。 夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。 もちろんマスク完備で1時間ほど。 その他の今月のスケジュールは、 ・オンライン会議×1件 ・オンライン研究会×1件 ・オンラインでの自分の授業×2コマ ・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件 ・オンライン呑み会×2件 とオンライン・オンパレード。 そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そ

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.