• みずき書林

創業2年目の新しいこと。


さて。

前回、人前で喋るのが苦手だと書いたばかりですが。

創業2年目の新しいチャレンジとして、学校の先生をすることになりました。

なんというか、僕自身まだ半信半疑なので、こそっと書いておきますが、秋から某大学で非常勤講師をば。


僕のことを知るほぼ全員が「は???」と言っているのが見えます。

当事者である僕ですら、喋りメインのこれが自分向きの仕事ではないとわかってはいるんです。

でもね、やったことないことだから、やってみてもいいじゃない(笑)。


何か新しいことを始めてみるのは、いいことです。

敬愛している某先生曰く「請われれば、一指し舞える人になれ」

マイルス・デイヴィス曰く「自分を新鮮に保ちたければ、若い奴らとつるめ」


週2コマ。1コマ90分×15回。

さあ、どうなる。

どうする笑。


受講生諸君にあらかじめ言っておく。

「この授業では、きみたちが学ぶ以上に、僕が学ぶ」


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン