• みずき書林

創業2年目の新しいこと。


さて。

前回、人前で喋るのが苦手だと書いたばかりですが。

創業2年目の新しいチャレンジとして、学校の先生をすることになりました。

なんというか、僕自身まだ半信半疑なので、こそっと書いておきますが、秋から某大学で非常勤講師をば。


僕のことを知るほぼ全員が「は???」と言っているのが見えます。

当事者である僕ですら、喋りメインのこれが自分向きの仕事ではないとわかってはいるんです。

でもね、やったことないことだから、やってみてもいいじゃない(笑)。


何か新しいことを始めてみるのは、いいことです。

敬愛している某先生曰く「請われれば、一指し舞える人になれ」

マイルス・デイヴィス曰く「自分を新鮮に保ちたければ、若い奴らとつるめ」


週2コマ。1コマ90分×15回。

さあ、どうなる。

どうする笑。


受講生諸君にあらかじめ言っておく。

「この授業では、きみたちが学ぶ以上に、僕が学ぶ」


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴