• みずき書林

勝手にアンソロジーを編む

自分のライフタイム・短編小説アンソロジーを編んだらどうなるだろうか。

と思いついて、ひとまず10作選んでみました。


安岡章太郎「夕陽の河岸」

村上春樹「蜂蜜パイ」

ジュンパ・ラヒリ「三番目で最後の大陸」

レイモンド・カーヴァー「ささやかだけれど、役にたつこと」

芥川龍之介「藪の中」

太宰治「駆け込み訴え」

中島敦「名人伝」

泉鏡花「歌行燈」

石川淳「紫苑物語」

三浦哲郎「みのむし」


漏れているものもたくさんあるはずですが、いま思い出せるのはこんな感じでしょうか。

吉行淳之介と筒井康隆は選べません。

芥川と太宰も、技巧的で凄みのあるものを選んだけど、もっと味わい深い作品もあったと思う。

そういう意味では、中島敦も鏡花も石川淳も、技巧が上手いものに偏りすぎているかもしれません。

サキ、O・ヘンリからもひとつずつ入れたいけど、どれにするかはすぐには決められない。ほかにも英米系の作家は、探せばぜったいにもっと好きな短編があるはず。

あとは、短編小説ではないけど、志ん朝か米朝から聞き書きを入れたい気もします。志ん朝なら「暁烏」、米朝は「花筏」にしようか。


勝手にアンソロジーを編むのは、お金のかからない娯楽でなかなか楽しい。

最新記事

すべて表示

名前の由来である人の代表作であるにもかかわらず不勉強にして今まで未読だった、鷗外森林太郎の『渋江抽斎』を読了。 延々淡々とした記述に、自分はいったい何を読まされているのだろう?と思いながら読み進めていくと、以下の文章に行き当たります。 「わたくし」というのは当然、鷗外自身のことです。 「わたくしはまたこういう事を思った。抽斎は医者であった。そして官吏であった。そして経書や諸子のような哲学方面の書を