top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

同世代と下の世代と


昨日は研究会の後、オンライン飲み会。

他愛もない音楽や料理の話。「本当に頭がいい」とはどういうことか。日記を書くことと記憶の継承について。学生の頃はどんな子どもだった? 研究や本作りの面白さ。いつかみんなで倉敷に行きたいね。などなど、我々にとって定番のパーティトーク。

同年代と話をするって、とても楽しい。


今日は新聞社の方に取材を受ける(!)。

戦争記憶の継承について。なぜこんな本を出しているのか。

ずっと年配の記者さんだろうなと思っていたら(きっと向こうもそう思っていたんだろうな)、会ってみたら同級生だった。

なぜ近現代史や戦争や記憶みたいなことに関心を持つことになったのか? といった話をお互いにして、とても刺激になった。

僕の話は取材するに値するものだったかどうか知らないけれど、再び、同世代と話をするって、とても楽しい。


ジャーナリズム、アカデミズム、アートが、それぞれにできることを見極めて連動していくこと。本はそういう連帯の媒介になれるのかもしれない。


帰宅して17時から授業。

自宅からお送りします。

学生たちに発表させて彼らと質疑応答する。

最近の学生さんは、喋るのがとてもうまいし、ぜんぜん物怖じしない。むしろコロナ禍でそういう機会が少ないからなのか、喋るのを楽しんでいるようにさえ聞こえる。

授業をしているおかげで、どうせ斜に構えてるんだろ、でも過剰に引っ込み思案なんだろ、だってやる気ないんだろ、といった「最近の若い者は……」的なイメージはまったく覆った。

下の世代と話をするのも、とても楽しい。



最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page