top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

吐き気を抑え込む

ここ数日、嘔吐が続くので、朝に吐き気止めの注射をしてもらう。加えて、今日は一日食事を控えて様子を見ることに。

おかげで、比較的調子よく過ごせたと思う。

まあ、食事しないで体調がいい、というのは少し気になることだし、やはり日々の楽しみがないのは味気ないものだが。


13時から17時頃まで仕事。

メールの返信、原稿のチェック、手紙を書いて掲載許可願いの発送準備、自分の本のための執筆……などなど。

途中で水分補給としてオレンジジュースを小さなグラスに少し。


17時からは1時間ほどベッドで読書。

クリームのささみを茹でて、晩ごはんを作ってあげる。

今日はお気に入りのカリカリに、茹でたブロッコリーとささみをトッピングという、彼にとってさいきょうのごはん。


19時、妻の夕食をテーブルの向かいで見守る。今日は食事をしないことにしているから。

だからこそなのか、妻の食べているごはんがいつも以上に美味しそうに見える。

生きている限り何か食べなきゃいけないんだと思っていた。まさか食べなくても点滴だけで生き続けられるとは思わなかったよ。


吐き気止めの飲み薬は、昼にノバミン。夜にメトクロプラミド。

食事を止めたことではなく、朝の注射とこれらの飲み薬が効いたのだと思いたい。


夜のこの時間にブログを更新し、あとは寝る時間までゆっくり読書したり自由に過ごすのがいいみたい。


髪もだいぶ伸びてきた。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page