• みずき書林

夢、もしくは約束


「この戦いが終わったら結婚するんだ」 は死亡フラグですが、 「この状況が落ち着いたら会いましょう/飲みましょう/メシでも食いましょう」 というのも同じでしょうか。 そうではないと信じます。

ぼくはいまたくさんの人とこの手の約束をしています。 多くの人が世界中で、同じような約束を交わし合っているはずです。 いつの日か我々は、ものすごいやる気に満ちた状態で、全国津々浦々の居酒屋に、レストランに、ビアホールに、トラットリアに、バーに、カフェに、中華料理屋に、寿司屋に、そば屋に、大挙して押し寄せるでしょう。 そして友人たちや会えなかった家族と何度も何度も乾杯し、久しぶりだねと繰りかえし笑いあうでしょう。 奮発して、お腹いっぱいになる以上の料理をオーダーして、人と会って食事する喜びを、文字通り噛みしめるでしょう。 賑わっている店内を見回して、「ほんと大変でしたね」なんてお店の人とことばを交わすでしょう。

いつの日か、我々は必ずそうするでしょう。 堰を切ったように外に出て、人に会って、ご飯を食べ、酒を飲み、笑いながらちょっとした散財をするのです。 その日を夢見て、みんな、死なずに生き延びましょう。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴