• みずき書林

学生さんのインタビューを受ける

数日前に京都にある芸術系の大学の学生さんから連絡があり、今日の夕方はオンラインで取材を受けていました。


卒業制作に連なる作品として、〈戦争表現〉についての冊子を作っているとのこと。


んで、『なぜ戦争をえがくのか』を読んでくれ、小社の刊行物を見て、取材しようと思ったらしいです。


インタビューを受ける側になることは滅多にないのですが、こっちサイドはこっちサイドで、なかなか難しいですね。

うまく喋れない。

(この音声の文字起こしだけは、絶対にやりたくない)



みずき書林刊行物以外で紹介した本は、


フランクル『夜と霧』(みすず書房)

グロスマン『戦争における「人殺し」の心理学』(筑摩書房)

小林エリカ『この気持ちいったい何語だったらつうじるの?』(イースト・プレス)

川島真・貴志俊彦『資料で読む世界の8月15日』(山川出版社)


など。

そのほか話題に上がった本は、


ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』(早川書房)

深緑野分『戦場のコックたち』(東京創元社)


などなど。


僕の取材はともかく、ほかのコンテンツもあるみたいなので、よい成果物になりますよう!


最新記事

すべて表示

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

木曜にケモ。 金曜に4回目ワクチン(オミクロン対応)。 ワクチンの副反応で38度超えの熱が出て、そこに抗がん剤の副作用の倦怠感と吐き気が重なって、かなり辛い。 この週末はずっと病臥。 熱が高いから、文字通りずっとこんこんと眠ってるだけ。20本立てくらいの悪夢を見る。 大事な食事会でポークローストを無惨に焦がしたり、友人たちと丘の上から巨大なキノコ雲を眺めたり、そういった類の大小の悪夢を次々と。 食