top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

宇佐美雅浩 No lockdown in Tokyo


1週間前から、宇佐美雅浩氏の写真プロジェクト、No lockdown in Tokyoが公開されている。


コロナ禍、緊急事態宣言下の東京を切り取った写真群。

モチーフは、誰もいない街。

そしてその街をのぞきこむように時折置かれる窓。

視点は地べたを這うように低い。

半分くらい、地面を撮影した写真集といってもいい。


おそらく写真家は、誰もいない地面に寝転がりながら、誰もいない光景を眺めながら、普段だったら絶対に不可能な画角からファインダーを覗きながら、哄笑していたに違いない。


深刻ぶるよりも先に、何かを批判するよりも前に、彼にとってはまず真っ先にこういった景色を作品化することが優先されるのではないだろうか。


良識も常識も持ち合わせながら、そういった「まともさ」を自らかなぐり捨ててやおら走り出すようなところが、この写真家にはあるような気がする。


「だってこんなの、もう二度と撮れませんよ」

といかにも愉快そうに車のハンドルを握る宇佐美雅浩の横顔が見えるようだ。


みなが息をひそめて慄きながら身を潜めている誰もいない街を、カメラを片手にした男が眼を光らせながらうろついている。

あらゆる意味で異様な、ゆえに目が離せない、そんな写真群だ。




最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Commenti


bottom of page