• みずき書林

宇佐美雅浩 No lockdown in Tokyo


1週間前から、宇佐美雅浩氏の写真プロジェクト、No lockdown in Tokyoが公開されている。


コロナ禍、緊急事態宣言下の東京を切り取った写真群。

モチーフは、誰もいない街。

そしてその街をのぞきこむように時折置かれる窓。

視点は地べたを這うように低い。

半分くらい、地面を撮影した写真集といってもいい。


おそらく写真家は、誰もいない地面に寝転がりながら、誰もいない光景を眺めながら、普段だったら絶対に不可能な画角からファインダーを覗きながら、哄笑していたに違いない。


深刻ぶるよりも先に、何かを批判するよりも前に、彼にとってはまず真っ先にこういった景色を作品化することが優先されるのではないだろうか。


良識も常識も持ち合わせながら、そういった「まともさ」を自らかなぐり捨ててやおら走り出すようなところが、この写真家にはあるような気がする。


「だってこんなの、もう二度と撮れませんよ」

といかにも愉快そうに車のハンドルを握る宇佐美雅浩の横顔が見えるようだ。


みなが息をひそめて慄きながら身を潜めている誰もいない街を、カメラを片手にした男が眼を光らせながらうろついている。

あらゆる意味で異様な、ゆえに目が離せない、そんな写真群だ。




最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン