• みずき書林

完売御礼!―『タリナイ』@長崎上映会


『タリナイ』は、

長崎(2月9日)、佐世保(16日)、諫早24日(日)

と上映会を行っていました。

総計で549人の方が鑑賞され、販売していた姉妹編『マーシャル、父の戦場』100冊は完売したとのことです!



ご覧になった方の5.5人にひとりが本を買ってくださったことになります。

3日間で本が100冊売れるということが、出版社にとってどれだけ嬉しく、また驚くべきことか。


この本は、企画の話が出てから完成まで、ちょうど1年間くらいで完成しています。

20名以上の方が参加し、執筆やインタビュー取材も含めた時間だと考えると、それなりにスピード感があったと言えるかもしれません。

(まして完成本が400頁を超え、その間に僕は会社を立ち上げたことを考えると、なおさら)



監督は大学卒業後にマーシャルに移住し、ドキュメンタリー映画を作ろうとカメラを回しはじめます。

それから映画が完成するまでには、7~8年を要していることになります。

この歳月がドキュメンタリー映画を作る時間として長いのか短いのか、僕にはわかりません。

ただ、この10年近い歳月のなかで作った映画と本が、監督のなかで大切な達成であることは想像に難くありません。なんせまだ30歳ですから。



そのようにして作った映画と本が、多くの人に届いていることは、何というか筆舌に尽くしがたいというか、単純にすげえなぁ。と思います(怠慢な表現で恐縮ですが。しかし、それが実感です)。


1年前は、まだ本はできていなくて、映画は完成していたものの、劇場公開はまったく決まっていませんでした。

監督は寺尾紗穂さんのライブに行って号泣し、大林宣彦監督に取材しようと奔走していました(このおふたりが本に参加くださるとは、去年の今頃はまだ確証はありませんでした)。


あれから1年が経って、想像もしていなかった数の人が映画を観て、本を手元に置いてくれています。

不思議なものです。



映画についての詳細は、『タリナイ』公式サイトTwitterをご覧ください!


2本足で立てること

最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生