• みずき書林

完売御礼!―『タリナイ』@長崎上映会


『タリナイ』は、

長崎(2月9日)、佐世保(16日)、諫早24日(日)

と上映会を行っていました。

総計で549人の方が鑑賞され、販売していた姉妹編『マーシャル、父の戦場』100冊は完売したとのことです!



ご覧になった方の5.5人にひとりが本を買ってくださったことになります。

3日間で本が100冊売れるということが、出版社にとってどれだけ嬉しく、また驚くべきことか。


この本は、企画の話が出てから完成まで、ちょうど1年間くらいで完成しています。

20名以上の方が参加し、執筆やインタビュー取材も含めた時間だと考えると、それなりにスピード感があったと言えるかもしれません。

(まして完成本が400頁を超え、その間に僕は会社を立ち上げたことを考えると、なおさら)



監督は大学卒業後にマーシャルに移住し、ドキュメンタリー映画を作ろうとカメラを回しはじめます。

それから映画が完成するまでには、7~8年を要していることになります。

この歳月がドキュメンタリー映画を作る時間として長いのか短いのか、僕にはわかりません。

ただ、この10年近い歳月のなかで作った映画と本が、監督のなかで大切な達成であることは想像に難くありません。なんせまだ30歳ですから。



そのようにして作った映画と本が、多くの人に届いていることは、何というか筆舌に尽くしがたいというか、単純にすげえなぁ。と思います(怠慢な表現で恐縮ですが。しかし、それが実感です)。


1年前は、まだ本はできていなくて、映画は完成していたものの、劇場公開はまったく決まっていませんでした。

監督は寺尾紗穂さんのライブに行って号泣し、大林宣彦監督に取材しようと奔走していました(このおふたりが本に参加くださるとは、去年の今頃はまだ確証はありませんでした)。


あれから1年が経って、想像もしていなかった数の人が映画を観て、本を手元に置いてくれています。

不思議なものです。



映画についての詳細は、『タリナイ』公式サイトTwitterをご覧ください!


2本足で立てること

最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.