top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

完売御礼!―『タリナイ』@長崎上映会


『タリナイ』は、

長崎(2月9日)、佐世保(16日)、諫早24日(日)

と上映会を行っていました。

総計で549人の方が鑑賞され、販売していた姉妹編『マーシャル、父の戦場』100冊は完売したとのことです!



ご覧になった方の5.5人にひとりが本を買ってくださったことになります。

3日間で本が100冊売れるということが、出版社にとってどれだけ嬉しく、また驚くべきことか。


この本は、企画の話が出てから完成まで、ちょうど1年間くらいで完成しています。

20名以上の方が参加し、執筆やインタビュー取材も含めた時間だと考えると、それなりにスピード感があったと言えるかもしれません。

(まして完成本が400頁を超え、その間に僕は会社を立ち上げたことを考えると、なおさら)



監督は大学卒業後にマーシャルに移住し、ドキュメンタリー映画を作ろうとカメラを回しはじめます。

それから映画が完成するまでには、7~8年を要していることになります。

この歳月がドキュメンタリー映画を作る時間として長いのか短いのか、僕にはわかりません。

ただ、この10年近い歳月のなかで作った映画と本が、監督のなかで大切な達成であることは想像に難くありません。なんせまだ30歳ですから。



そのようにして作った映画と本が、多くの人に届いていることは、何というか筆舌に尽くしがたいというか、単純にすげえなぁ。と思います(怠慢な表現で恐縮ですが。しかし、それが実感です)。


1年前は、まだ本はできていなくて、映画は完成していたものの、劇場公開はまったく決まっていませんでした。

監督は寺尾紗穂さんのライブに行って号泣し、大林宣彦監督に取材しようと奔走していました(このおふたりが本に参加くださるとは、去年の今頃はまだ確証はありませんでした)。


あれから1年が経って、想像もしていなかった数の人が映画を観て、本を手元に置いてくれています。

不思議なものです。



映画についての詳細は、『タリナイ』公式サイトTwitterをご覧ください!


2本足で立てること

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page