• みずき書林

家にこもって仕事。

先週までいろいろ外出していたのが嘘みたいに、コロナの影響で今週の予定がきれいさっぱりなくなりました。



いい機会なので、朝から晩まで部屋にこもって、懸案だった時間のかかる仕事を一気に片付けました。



かつて先輩が言っていましたが、「やれば終わる」。

やらないと絶対に終らないけれど、どんな面倒臭い仕事でも、やればいつか必ず終わります。

集中して、鑿で彫り出すように、少しずつ進めていくしかないですね。

いつか仏の像が顔を覗かせます。



やれやれ。

終わった終わった。


一仕事終えたので、すごく肌理の細かいポテサラを作る。仕上げにワサビと醤油を少々加えて、居酒屋のメニュー風に。

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン