• みずき書林

屠殺場 or 収容所にいるような気分のときは/気分だとしても


わりと仕事が順調に進んで

今朝自分で決めたことはきちんとやりとげることができて

でもふと周りを見回すと

気が滅入ることばかりで

会いたい人には会えなくて

タイムラインには見たくもない老人の顔ばかりで

なんだか(その老人たち以外は)みんな

元気がないような気がして

苛立っているような気がして



そんなときのために、僕には座右の銘があります。



神よ願わくば、

変えることのできる物事を変える勇気と、

変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、

そのふたつの違いを常に見分けることのできる知恵とを授けたまえ

(カート・ヴォネガット・ジュニア『スローターハウス5』伊藤典夫訳)



わたしたちが生きることからなにを期待するかではなく、むしろひたすら、生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題なのだ。

(フランクル『夜と霧』池田香代子訳)



そういえば、

こういうことばに関連すると思うけど、つい最近、山本貴光さんがエピクテトスの本を出したはずです。

読まないとな。


最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生