• みずき書林

屠殺場 or 収容所にいるような気分のときは/気分だとしても


わりと仕事が順調に進んで

今朝自分で決めたことはきちんとやりとげることができて

でもふと周りを見回すと

気が滅入ることばかりで

会いたい人には会えなくて

タイムラインには見たくもない老人の顔ばかりで

なんだか(その老人たち以外は)みんな

元気がないような気がして

苛立っているような気がして



そんなときのために、僕には座右の銘があります。



神よ願わくば、

変えることのできる物事を変える勇気と、

変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、

そのふたつの違いを常に見分けることのできる知恵とを授けたまえ

(カート・ヴォネガット・ジュニア『スローターハウス5』伊藤典夫訳)



わたしたちが生きることからなにを期待するかではなく、むしろひたすら、生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題なのだ。

(フランクル『夜と霧』池田香代子訳)



そういえば、

こういうことばに関連すると思うけど、つい最近、山本貴光さんがエピクテトスの本を出したはずです。

読まないとな。


最新記事

すべて表示

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

非常勤の授業スタート

昨日から非常勤講師の授業開始。 今年はオンラインということで、自宅でパソコンに向かって喋る。 前期で苦労した知り合いの先生方からいろいろ噂には聞いていた、オンライン授業の諸問題。というのを実地で実感しています。 1コマ目は7人の演習形式。 2コマ目は160人くらいの講義形式。 前者はグループワークが中心になるので、オンラインでそれがうまくできるかどうか。 昨日は僕ばかり喋るガイダンス的な話だったの

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.