• みずき書林

山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞式


大川史織さんが奨励賞を受賞されました。


『タリナイ』プロデューサー藤岡みなみさん、金曜調査会・アジ歴から斉藤さん・福江さん・矢久保さん、日記研究の田中さん、大川さんのお母様、勉さんのご親戚などいらっしゃっていて、さながらファンの集い。

(昨年アップリンクでしばしばお見かけしてSNSでもずっと応援されている方にもお会いしましたが、このような場で会遇するとは思っておらず、当然お持ちの本を、ついお勧めしてしまいました……)



受賞のスピーチで大川さんが喋りはじめます。

最初だけかすかに声が震えます。その声を聞いた瞬間に胸が詰まって、なぜか少しだけ泣きそうになりました。

昨年の今頃は、本はまだまだ編集中で影も形もなく、映画も公開は決まっていませんでした。



かつてあなたは、マーシャルのことを忘れ去ってしまっている状況に対する、自分自身へのものも含めた〈怒り〉があると言っていました。

そういう感情を抱きながらある対象を知りたいと思い、伝えたいと願うことは、昨晩登壇していた人たちと共通する、ジャーナリスティックな姿勢だと思います。

ただその〈怒り〉をさらに掘り下げていくと、おそらくあなたの場合は、一番底の底には、対象への愛情があります。

昨夜のシンポジウムを聴いていて、ジャーナリストの場合は、たぶん底の底には正義感があるのだと感じました。

昨夜あなたは「自分をジャーナリストだと思ったことはありません」と明言していました。

〈怒り〉の根本に、どのようなバランスで正義感と愛があるか。

あなたの利他性は多く愛情に根ざしていると、あらためて感じた日でした。


おめでどうございますー☆

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.