• みずき書林

平和祈念展示資料館

早坂暁先生のエッセイ集の打ち合わせを終えて、新宿にいたので平和祈念展示資料館へ。

「南洋からの引揚げ展」をしていたので、見に行きました。


出征した兵士、強制抑留、引き揚げの3つの視点から、戦中~戦後の海外・日本間の人の移動を描いています。

企画展では、サイパンの写真を多く展示しています。南洋群島協会というものがあったことを知りました(会員の減少と高齢化から、2005年に活動終了)。


先日お目にかかった沖縄の実業家は、満洲からの引揚げ体験者でした。

ここの来る前の打ち合わせでは、早坂暁はもちろん、岡本喜八、高畑勲といった、戦争を描いた映画・テレビ関係の人たちの話題がたくさん出ました。



そして同館では、7月20日(土)と8月7日(水)に大川史織さんの映画『タリナイ』の上映イベントがあります。7月20日14時には大川さんのトークイベントもあります。

展示とあわせてぜひご覧ください!


僕のなかで、いろんなことが、ゆるやかに少しずつ、つながっています。


配布のチラシにも載ってます

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴