• みずき書林

平和祈念展示資料館

早坂暁先生のエッセイ集の打ち合わせを終えて、新宿にいたので平和祈念展示資料館へ。

「南洋からの引揚げ展」をしていたので、見に行きました。


出征した兵士、強制抑留、引き揚げの3つの視点から、戦中~戦後の海外・日本間の人の移動を描いています。

企画展では、サイパンの写真を多く展示しています。南洋群島協会というものがあったことを知りました(会員の減少と高齢化から、2005年に活動終了)。


先日お目にかかった沖縄の実業家は、満洲からの引揚げ体験者でした。

ここの来る前の打ち合わせでは、早坂暁はもちろん、岡本喜八、高畑勲といった、戦争を描いた映画・テレビ関係の人たちの話題がたくさん出ました。



そして同館では、7月20日(土)と8月7日(水)に大川史織さんの映画『タリナイ』の上映イベントがあります。7月20日14時には大川さんのトークイベントもあります。

展示とあわせてぜひご覧ください!


僕のなかで、いろんなことが、ゆるやかに少しずつ、つながっています。


配布のチラシにも載ってます

最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.