• みずき書林

恋文としての企画書


昨夜は全く眠れず、開き直って5時まで起きている。

小さな微かな音で音楽を流しながら、なかば本気、なかば夢のような企画書を作る。


なかば本気。というのは、ぼく自身が純粋に読みたい、作りたい本だから。

もしチャンスがあるなら、実際に自分の手で、この本をこの世にあらしめたい。

なかば夢。というのは、相手のあることで、実現できるかどうかは自分ひとりで決められることではないから。そして仮に意中の相手がOKしてくれたとしても、ぼくにそれだけの時間が残されているかはわからないから。


ともあれ、深夜に本棚をひっくり返してタイトルをリストアップし、文字数を計算し、仮に立てた部構成に応じて原稿を配置していく。

けっこう書き下ろしも必要だな。既発原稿とのバランスはむしろいいかもしれない。


そんなふうに、相手に見せるかどうかもわからない、A4ペラ1枚にすぎない企画書を作っていく。考えてみた結果、誰にも見せないでそっとフォルダの奥底にしまうことになるかもしれない。

秋の夜長の夢のような妄想。興奮してそのままのテンションで相手にメールしないように、あえて隙間だらけのメモ程度のスケッチに留める。


相手の性別を問わず、企画書を作ったり企画概要をまとめたりするのは、恋文を書くのに似ている。考えてみれば「一緒に本を作りませんか」なんて最高にクールで誰にでも言えるわけではない口説き文句だ。

まあ本当にそれが相手の心に届いたなら、実際に長い長い恋文のような文章を書くのは、僕ではなくて相手なんだけど(笑)。


というわけで、プリンタのトレイには、昨夜の名残の企画書が1枚残っている。

一見、味も素っ気もない。A4サイズのエクセルの。なかば本気、なかば夢のような。恋文のような。企画書。



最新記事

すべて表示

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

木曜にケモ。 金曜に4回目ワクチン(オミクロン対応)。 ワクチンの副反応で38度超えの熱が出て、そこに抗がん剤の副作用の倦怠感と吐き気が重なって、かなり辛い。 この週末はずっと病臥。 熱が高いから、文字通りずっとこんこんと眠ってるだけ。20本立てくらいの悪夢を見る。 大事な食事会でポークローストを無惨に焦がしたり、友人たちと丘の上から巨大なキノコ雲を眺めたり、そういった類の大小の悪夢を次々と。 食