• みずき書林

悲しいほどお天気


という松任谷由実の曲がありましたね。



良く晴れた気持ちのいい日。

空が高い。

でも朝食のホットサンドをどうしようもなく焦がして、朝から凹む。

油断していると、慣れているはずのことに失敗する。

失敗した料理をゴミ袋に落として、その日の気分が台無しになる。


気持ちを入れ替えるためにシャワーを浴びて、部屋中にはたきをかけて掃除機をかけて、洗濯をする。

天気がいいので、洗濯物を干すのが気持ちいい。



気分が入れ替わったところで、仕事。

仕事といっていいのかどうか、たのしい案件がいくつかあって。

でもしょうもない冗談を言っていたら、その数時間後に、現実に悲しい惨劇が起きる。



ああ。もう。どうしてこんなに間が悪いのだろう。

どうして言わなくてもいいことを言ってしまうのだろう。



こんな日もある。



寝よう。

明日も楽しいことがいっぱいの予定なんだから。




最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴