top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

悲しいほどお天気


という松任谷由実の曲がありましたね。



良く晴れた気持ちのいい日。

空が高い。

でも朝食のホットサンドをどうしようもなく焦がして、朝から凹む。

油断していると、慣れているはずのことに失敗する。

失敗した料理をゴミ袋に落として、その日の気分が台無しになる。


気持ちを入れ替えるためにシャワーを浴びて、部屋中にはたきをかけて掃除機をかけて、洗濯をする。

天気がいいので、洗濯物を干すのが気持ちいい。



気分が入れ替わったところで、仕事。

仕事といっていいのかどうか、たのしい案件がいくつかあって。

でもしょうもない冗談を言っていたら、その数時間後に、現実に悲しい惨劇が起きる。



ああ。もう。どうしてこんなに間が悪いのだろう。

どうして言わなくてもいいことを言ってしまうのだろう。



こんな日もある。



寝よう。

明日も楽しいことがいっぱいの予定なんだから。




最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page