• みずき書林

悲しいほどお天気


という松任谷由実の曲がありましたね。



良く晴れた気持ちのいい日。

空が高い。

でも朝食のホットサンドをどうしようもなく焦がして、朝から凹む。

油断していると、慣れているはずのことに失敗する。

失敗した料理をゴミ袋に落として、その日の気分が台無しになる。


気持ちを入れ替えるためにシャワーを浴びて、部屋中にはたきをかけて掃除機をかけて、洗濯をする。

天気がいいので、洗濯物を干すのが気持ちいい。



気分が入れ替わったところで、仕事。

仕事といっていいのかどうか、たのしい案件がいくつかあって。

でもしょうもない冗談を言っていたら、その数時間後に、現実に悲しい惨劇が起きる。



ああ。もう。どうしてこんなに間が悪いのだろう。

どうして言わなくてもいいことを言ってしまうのだろう。



こんな日もある。



寝よう。

明日も楽しいことがいっぱいの予定なんだから。




最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン