• みずき書林

懐かしのSFCソフト


わけあって、3DSで懐かしのSFCソフトをダウンロード。

『伝説のオウガバトル』

遊んでいるのではなく、これも仕事である。ランスロットのご尊顔をチェックしたくて。まあ遊んでるんだけど。



スーファミ、僕が中学生くらいの頃に発売されたんだったかな。

あのころはソフトが1本5000円くらいしたような気がする。

いまは800円で、ダウンロードも30秒くらいで一瞬で終わる。

当時はあんなに美麗だと思ったグラフィックも、昨今のすごい画質に比べると、拍子抜けするくらいシンプル。

でもそこがいいんだよな。当時のゲームは。想像力で補う余地がたっぷりありました。



実はいま、みずき書林のデスクの足元には、PS4も鎮座しています。

すごく痩せているくせにおそろしく太っ腹な義弟が、なぜかくれたのである。

(ちなみにワインセラーとウクレレも義弟がくれた。ぼくのQOLを充実させるギフトの数々)

いまやペルソナやろうがFFやろうがドラクエやろうが、すべて「これも仕事だからな~。やらないとな~」と言えるのです。

アーサー王とマハーバーラタの本やっててよかった。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン