• みずき書林

懐かしのSFCソフト


わけあって、3DSで懐かしのSFCソフトをダウンロード。

『伝説のオウガバトル』

遊んでいるのではなく、これも仕事である。ランスロットのご尊顔をチェックしたくて。まあ遊んでるんだけど。



スーファミ、僕が中学生くらいの頃に発売されたんだったかな。

あのころはソフトが1本5000円くらいしたような気がする。

いまは800円で、ダウンロードも30秒くらいで一瞬で終わる。

当時はあんなに美麗だと思ったグラフィックも、昨今のすごい画質に比べると、拍子抜けするくらいシンプル。

でもそこがいいんだよな。当時のゲームは。想像力で補う余地がたっぷりありました。



実はいま、みずき書林のデスクの足元には、PS4も鎮座しています。

すごく痩せているくせにおそろしく太っ腹な義弟が、なぜかくれたのである。

(ちなみにワインセラーとウクレレも義弟がくれた。ぼくのQOLを充実させるギフトの数々)

いまやペルソナやろうがFFやろうがドラクエやろうが、すべて「これも仕事だからな~。やらないとな~」と言えるのです。

アーサー王とマハーバーラタの本やっててよかった。



最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.