top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

我が家に騎士が。


みずき書林にも騎士がやってきました。

執筆陣のサイン入りポスターを前にするおふたり。




待て続報。



しかし、あいかわらず素敵なTシャツですね。

(そしてみずき書林来客用スリッパの脱力感よ)

最新記事

すべて表示

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています。 いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。 堀くんともども、励みになります。 『自省録』と般若心経の共通点について。 二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。 首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味

Commentaires


bottom of page