• みずき書林

授業がスタート(たぶん)


ちょっとぼんやりしていると、あっという間に時間が経っていきます。


来週月曜からは授業が始まるのだけど、いまに至るまで履修者情報がアップされない。

何人受講するのだろう?


この春から新しく担当するコマなので、人数がよくわからない。

もしかしたら受講者ZERO? それはそれでいいけど。


前任者がやっていた昨年の同名の講義は、10人以内の少人数だったとのこと。

だから演習形式で進めようと思って準備してるんだけど、あてがわれてる教室は200人入る、一番でかい部屋だが?


コロナ対策なんだと思うけど、しかし。


教室に行ってみたら3桁の学生がいたら、授業計画が白紙に戻ることになる。

人数だけでいいから、教えて。

まあ、開始4日前の段階でもし大増員だとわかったところで、もう手遅れなんだけど。



2年生対象の授業。

いわば彼らはナチュラルボーン・オンライン大学生。

それが皮肉な冗談になっている自覚もなく、「大学に行ったのは、健康診断のとき1回だけです」と素直に言っていた。

誰とも会えず、友だちや恋人もうまく作れず、サークル活動もできず、バイトもままならず、PC画面と向かいあうだけで1年が過ぎてしまった世代である。



今年はやっと対面授業だけど、それもいつまで続けらるかわからんぞ。

この授業では、聴くだけでなく、せめてお互いに喋ろう。去年黙っていたぶんも。

せっかく少人数の演習形式なんだから(たぶん)。





最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴