• みずき書林

新井文月「ヴィシュヌ=クリシュナ」

とにかく、観て下さい。


沖田瑞穂著『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』の装丁画。


強く太い墨のライン。

光のような、炎のような鮮烈な黄色。

涙のような、海のような、瞳に湛えられた青。



神話を扱った本として、かつてないインパクトを持った本になりそうな予感です。


新井さんのサイトの紹介はこちら

沖田さんのサイトはこちら


新井文月さんからは、コメントもいただいています。

いずれ特設サイトをアップしてご紹介します。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴