top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

日本国中華人民共和国中華民国大韓民国朝鮮民主主義人民共和国

ここのところ、時間を見つけてずっと次の企画の原稿を読んでいる。

題して、

『帝国のはざまを/に生きる』


この数日読んでいるのは、「移動の経験は世代や境界をいかに「越える」のか」とまとめられる、その第1部。


この本に登場するのは、

中国残留日本人。

在日コリアン二世三世と、南北で別れて生きるその親族たち。

日本育ちの台湾人。

などなど。


祖父が中国残留孤児で、中国籍であることを隠してずっと日本で生きてきた女の子が、高校の修学旅行で中国に行くことになり、ひとりだけ〈帰国者ゲート〉を通過しないといけなくなる、というエピソードに戦慄する。


日本国中華人民共和国中華民国大韓民国朝鮮民主主義人民共和国。

5つの国家(そのうちふたつはこの国と国交がない。あらためて考えてみるとちょっと茫然とする事実)のはざまで生きている人たちの本。


刊行はずっと先で、来年の2月予定。


また分厚くなりそうだぜ。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Commenti


bottom of page