• みずき書林

日記のシンポジウム@明治学院9/28-29


9月28日(土)29日(日)明治学院大学白金校舎にて、


学際シンポジウム 近代日本を生きた「人々」の日記に向き合い、未来へ継承する


が開催されます。


〈日記〉を中心にして人びとのさまざまな記録から、日本の近代以降を考えます。

研究会に何度か参加させてもらっていますが、


1.有名人や歴史的影響力の高かった人ではなく、庶民/市民の記録を中心とする

2.若手の研究者が中心となって組織・運営されている


という点が、このチームの特色であり魅力ではないかと思っています。


1について、〈日記〉といっても、様々な形がありえます。

今回のシンポから拾っただけでも、「夏休みの子ども日記」「家計簿」「サラリーマンの手帳」「兵士の日誌」「女学生の作文」「漆芸家の海外日記」「戦場の日記」「病床日誌」などなど、実に多彩です。

ふつうの人びとの日々の記録は豊かな鉱脈であると感じさせてくれます。

(たとえばこのブログだって100年くらい経ったら、「21世紀初頭における〈ひとり出版〉の喜びと悩み――ある出版社のブログをめぐる歴史実践」みたいな論文になるかもしれません(まあ、ならないか))


2については、実際に参加してみれば雰囲気がわかると思いますが、主宰者の田中祐介さん(aka酒飲みタナカさん)を中心に、母体となっている研究会の風通しのよさのようなものを感じます。

もちろん、研究ですから真剣そのものなのですが、研究会にありがちなクローズドな空気がなく、部外者や外からの参加者を歓迎する雰囲気があります。

難しいかも。と思わずに、関心がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。


詳細情報は研究会のウェブサイトをどうぞ。




最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生