top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

日記のシンポジウム@明治学院9/28-29


9月28日(土)29日(日)明治学院大学白金校舎にて、


学際シンポジウム 近代日本を生きた「人々」の日記に向き合い、未来へ継承する


が開催されます。


〈日記〉を中心にして人びとのさまざまな記録から、日本の近代以降を考えます。

研究会に何度か参加させてもらっていますが、


1.有名人や歴史的影響力の高かった人ではなく、庶民/市民の記録を中心とする

2.若手の研究者が中心となって組織・運営されている


という点が、このチームの特色であり魅力ではないかと思っています。


1について、〈日記〉といっても、様々な形がありえます。

今回のシンポから拾っただけでも、「夏休みの子ども日記」「家計簿」「サラリーマンの手帳」「兵士の日誌」「女学生の作文」「漆芸家の海外日記」「戦場の日記」「病床日誌」などなど、実に多彩です。

ふつうの人びとの日々の記録は豊かな鉱脈であると感じさせてくれます。

(たとえばこのブログだって100年くらい経ったら、「21世紀初頭における〈ひとり出版〉の喜びと悩み――ある出版社のブログをめぐる歴史実践」みたいな論文になるかもしれません(まあ、ならないか))


2については、実際に参加してみれば雰囲気がわかると思いますが、主宰者の田中祐介さん(aka酒飲みタナカさん)を中心に、母体となっている研究会の風通しのよさのようなものを感じます。

もちろん、研究ですから真剣そのものなのですが、研究会にありがちなクローズドな空気がなく、部外者や外からの参加者を歓迎する雰囲気があります。

難しいかも。と思わずに、関心がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。


詳細情報は研究会のウェブサイトをどうぞ。




最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page