• みずき書林

日記読書会のためのメモ


知り合いの研究者とオンライン呑み会をしたときに、せっかく集まるのならただの飲み会ではなく読書会なんかやりたいね、という話になりました。

それ以来、オンライン読書会の構想をぼんやり考えています。



誰かの発表をみんなで聞くという研究会ではなく、みんなが双方向(無方向)に話し合うかたちなので、人数は少なめのクローズドな会がいいだろう。

たとえば5~6人が小さなテーブルとかミーティングルームに集まったという態がいい。



彼は近代以降の日記研究の専門家なので、やはり読むのは日記がいいかもしれない。

「何ページのここだけど……」みたいな会話をオンラインでもスムーズにやるためには、みんなが入手しやすい同じテキストがいい。

それでいて、あまり長いテキストは難しいので、範囲を決めたほうがいい。



「世界で一番有名な日記って何だろう?」

という話にもなって、これは比較的簡単に結論が出ました。

おそらく『アンネの日記』は、近代以降ではもっとも有名な日記のひとつだと思います。

こういう世界的な名著をあらためて読んでみるのもいいかもしれない。



ほかにも、


1.日記体裁の短編小説なんかは読みやすいかも。

『瘋癲老人』とか。ほかにも太宰とか芥川とか、いい日記小説を書いていそうな気がする……。



2.何人かの日記の、同じ日を並べて読む。

これも、比較的短いテキストで可能で、意外と面白いかも。

歴史上有名な日でもいいし、なんでもない無作為な一日でもいい。

共通のテキストを用意するのが難しいかもしれないけど、青空文庫にあるものをいくつか集めれば、日本人の作家のテキストは意外と作れそう。


そんなことを妄想しています。



池上彰が推しているからすごい、みたいな帯文はどうだろう。

最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.