• みずき書林

日記読書会のためのメモ


知り合いの研究者とオンライン呑み会をしたときに、せっかく集まるのならただの飲み会ではなく読書会なんかやりたいね、という話になりました。

それ以来、オンライン読書会の構想をぼんやり考えています。



誰かの発表をみんなで聞くという研究会ではなく、みんなが双方向(無方向)に話し合うかたちなので、人数は少なめのクローズドな会がいいだろう。

たとえば5~6人が小さなテーブルとかミーティングルームに集まったという態がいい。



彼は近代以降の日記研究の専門家なので、やはり読むのは日記がいいかもしれない。

「何ページのここだけど……」みたいな会話をオンラインでもスムーズにやるためには、みんなが入手しやすい同じテキストがいい。

それでいて、あまり長いテキストは難しいので、範囲を決めたほうがいい。



「世界で一番有名な日記って何だろう?」

という話にもなって、これは比較的簡単に結論が出ました。

おそらく『アンネの日記』は、近代以降ではもっとも有名な日記のひとつだと思います。

こういう世界的な名著をあらためて読んでみるのもいいかもしれない。



ほかにも、


1.日記体裁の短編小説なんかは読みやすいかも。

『瘋癲老人』とか。ほかにも太宰とか芥川とか、いい日記小説を書いていそうな気がする……。



2.何人かの日記の、同じ日を並べて読む。

これも、比較的短いテキストで可能で、意外と面白いかも。

歴史上有名な日でもいいし、なんでもない無作為な一日でもいい。

共通のテキストを用意するのが難しいかもしれないけど、青空文庫にあるものをいくつか集めれば、日本人の作家のテキストは意外と作れそう。


そんなことを妄想しています。



池上彰が推しているからすごい、みたいな帯文はどうだろう。

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン