• みずき書林

日記企画の日記――6/26


6月26日(日)


目下進行中の日記にかかわる単行本企画、2度目の研究会兼編集会議。

1530より明治学院大学にてハイブリッド。


対面参加者は田中さん、河内さん、大川さん、僕。

オンラインでは島さん、宋さん、小澤さん、中野さん。


それぞれがこの一カ月で調査してきた日記のプレゼン。

僕は伊藤整、高見順、堀田善衛、高松宮、木戸幸一の日記を調べた。

これらのメジャーな日記は、他の方々が調査した庶民や無名の日記のカウンターとして機能させたい。


そのほか、815のクーデター計画に参加した陸軍将校、長崎で被爆した朝鮮籍徴用工、沖縄戦線の兵士、地方の首長、毎日日本語と英語で交互に日記を綴った英国人捕虜、岡山や金沢で暮らしていた主婦……などなど、興味深い日記が紹介された。


18時頃まで。

時間切れで、コラムについての詳細は次回に回すことに。

そのほか、表記統一のルールなども定め、次回からは収録する日記を本格的に選定していきたいところ。


対面組は、品川で食事をして解散。

日本酒を少々(どころではない。僕は自制したが)。



最新記事

すべて表示

HISASHI君とAMIさんのラジオにゲスト出演した回、後編が公開されました。 ここで内容について長々と書いてそれを読んでもらうよりは、ぜひ聞いてみてください。 僕は歴史学・社会学・文学といった本が好きで、そういった本を作ってもいます。 それを踏まえていろいろ喋ったのですが、個人的にもっと喋りたかったこと。 それは「感動ってなに?」ということでしょうか。 感動をするって、どんなメカニズムなんでしょ