• みずき書林

日記文化研のシンポ、初日。


近代日本を生きた「人々」の日記に向き合い、未来へ継承する@明治学院大学

初日です。


登壇者一覧のペーパーが配布され、それがなかなか可笑しい。氏名や所属とともに、自身の日記を綴る習慣について書かれているのですが、ほとんどの人が日記を書く習慣を持ってない(笑)。


みんな日記や手帳の専門家でありながら自分では書いていないのは、批評家と実作者とは違う、ということなのでしょうか。


日記を書かないことに「えもいわれぬコンプレックスを抱くことがある」「後ろめたいような気がする時がある」「書くことの意思が弱いのか」などなど、彼らの分析対象である内向的な独白系日記のような記述(笑)も目立ちます。


吉見義明先生は自身が書かれた中学時代の日記を読み返して、記憶とぜんぜん違うことに愕然としておられます。

堤ひろゆきさんは振り返って「ふと一抹のむなしさを感じ」て日記をつけなくなっています。

徳山倫子さんに至っては「過去を葬り去りたくならないような人生を送ることの大切さを噛み締めて」います。


いっぽうで、中野綾子さんは「おそらく今後も書くことはないでしょう」とクールに流し、大川さんは貴ノ花ファンだったことをカミングアウトしてます(笑)。


膨大な配布資料のなかでは短いテキストですが、けっこうジワりました。


シンポは明日まで!




最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.