top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

日記文化研のシンポ、初日。


初日です。


登壇者一覧のペーパーが配布され、それがなかなか可笑しい。氏名や所属とともに、自身の日記を綴る習慣について書かれているのですが、ほとんどの人が日記を書く習慣を持ってない(笑)。


みんな日記や手帳の専門家でありながら自分では書いていないのは、批評家と実作者とは違う、ということなのでしょうか。


日記を書かないことに「えもいわれぬコンプレックスを抱くことがある」「後ろめたいような気がする時がある」「書くことの意思が弱いのか」などなど、彼らの分析対象である内向的な独白系日記のような記述(笑)も目立ちます。


吉見義明先生は自身が書かれた中学時代の日記を読み返して、記憶とぜんぜん違うことに愕然としておられます。

堤ひろゆきさんは振り返って「ふと一抹のむなしさを感じ」て日記をつけなくなっています。

徳山倫子さんに至っては「過去を葬り去りたくならないような人生を送ることの大切さを噛み締めて」います。


いっぽうで、中野綾子さんは「おそらく今後も書くことはないでしょう」とクールに流し、大川さんは貴ノ花ファンだったことをカミングアウトしてます(笑)。


膨大な配布資料のなかでは短いテキストですが、けっこうジワりました。


シンポは明日まで!




最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Kommentare


bottom of page