• みずき書林

旧友と再会


ひさしぶりです。

昔はよくこのようにメールを書いて皆に一斉送信したものですが、最近はすっかりそんなこともなくなりました。

お互い働く場所が変わって、情報を共有したり、仕組みを変えたり、環境を少しでもよいものにしようと共闘したりする必要がなくなりましたからね。

ひところのように、長くうざったいメール(笑)を書く必要もなくなりました。


良いことがあったら単純に喜ぶ。

今の仕事の苦労話になったら、ふんふんと頷きながら、最終的には笑い飛ばす。


もう別々なんだから、具体的な解決案はなし。

微妙な立場の違いが浮き彫りになって黙るのもなし。

こっちにはこっちの、そっちにはそっちの、それぞれの楽しさとキツさがあって、それを披露しあったら笑いあっておしまい。

最終的にたどり着いたのがそういう関係だったというのは、まあ悪くないことだと思ってます。


また良いことがあったら飲みましょう。



清い飲み会(イメージ)

最新記事

すべて表示

ひとつずつ

朗報がひとつ。 気になる文章がひとつ。 気遣いが嬉しいメールがひとつ。 生きているというのは、ときにひどく切ないねぇ。 我々はみんな、最後の日までは生きている。 その翌日からは、いい思い出と寂しさを残していく。 だからそれまでは、いままでどおり、楽しく笑って会話をしながら――ときどきちょっと涙ぐんだりしながら――やっていこう。みんなで。