• みずき書林

旧友と再会


ひさしぶりです。

昔はよくこのようにメールを書いて皆に一斉送信したものですが、最近はすっかりそんなこともなくなりました。

お互い働く場所が変わって、情報を共有したり、仕組みを変えたり、環境を少しでもよいものにしようと共闘したりする必要がなくなりましたからね。

ひところのように、長くうざったいメール(笑)を書く必要もなくなりました。


良いことがあったら単純に喜ぶ。

今の仕事の苦労話になったら、ふんふんと頷きながら、最終的には笑い飛ばす。


もう別々なんだから、具体的な解決案はなし。

微妙な立場の違いが浮き彫りになって黙るのもなし。

こっちにはこっちの、そっちにはそっちの、それぞれの楽しさとキツさがあって、それを披露しあったら笑いあっておしまい。

最終的にたどり着いたのがそういう関係だったというのは、まあ悪くないことだと思ってます。


また良いことがあったら飲みましょう。



清い飲み会(イメージ)

最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.