• みずき書林

旧友と再会


ひさしぶりです。

昔はよくこのようにメールを書いて皆に一斉送信したものですが、最近はすっかりそんなこともなくなりました。

お互い働く場所が変わって、情報を共有したり、仕組みを変えたり、環境を少しでもよいものにしようと共闘したりする必要がなくなりましたからね。

ひところのように、長くうざったいメール(笑)を書く必要もなくなりました。


良いことがあったら単純に喜ぶ。

今の仕事の苦労話になったら、ふんふんと頷きながら、最終的には笑い飛ばす。


もう別々なんだから、具体的な解決案はなし。

微妙な立場の違いが浮き彫りになって黙るのもなし。

こっちにはこっちの、そっちにはそっちの、それぞれの楽しさとキツさがあって、それを披露しあったら笑いあっておしまい。

最終的にたどり着いたのがそういう関係だったというのは、まあ悪くないことだと思ってます。


また良いことがあったら飲みましょう。



清い飲み会(イメージ)

最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.