• みずき書林

早坂暁『この世の景色』入稿完了!


次の新刊、早坂暁先生の『この世の景色』、印刷さんへ入稿完了しました~!

入稿作業はなにかと慌ただしいものですが、ご遺族の奥様、デザイナー、組版さん、印刷さんとスムーズな連携で、予定よりかなり早く入れられました。

みなさま、ありがとうございました。


先生の奥様から原稿をいただいたのが6月末だったので、実質2カ月ちょっとで完成まで持っていきました。


装丁はこんな感じに。



カバーソデの早坂先生が、とてもいい表情なのです。


考えてみれば、46判の本を作るのは、みずきさんでははじめてです。

意外に、46判はやっていなかったんですね。


白い紙。ギミックのない文字だけの本文。穏やかなタッチの装丁画。書き手の心優しさが伝わる読みやすい文章。

しっとりと落ち着いた、本らしい本になります。


18日見本。

発売開始は9月30日の予定です。


最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.