• みずき書林

早坂暁『この世の景色』入稿完了!


次の新刊、早坂暁先生の『この世の景色』、印刷さんへ入稿完了しました~!

入稿作業はなにかと慌ただしいものですが、ご遺族の奥様、デザイナー、組版さん、印刷さんとスムーズな連携で、予定よりかなり早く入れられました。

みなさま、ありがとうございました。


先生の奥様から原稿をいただいたのが6月末だったので、実質2カ月ちょっとで完成まで持っていきました。


装丁はこんな感じに。



カバーソデの早坂先生が、とてもいい表情なのです。


考えてみれば、46判の本を作るのは、みずきさんでははじめてです。

意外に、46判はやっていなかったんですね。


白い紙。ギミックのない文字だけの本文。穏やかなタッチの装丁画。書き手の心優しさが伝わる読みやすい文章。

しっとりと落ち着いた、本らしい本になります。


18日見本。

発売開始は9月30日の予定です。


最新記事

すべて表示

水面下で

『なぜ戦争体験を継承するのか――ポスト体験時代の歴史実践』 のレビューが、women's action network のサイトに掲載されました。 評者はやぎみね様。 「戦争体験の<忘却>と<想起>のはざまで、未来への根源的な問いに迫る労作」 小倉先生の論考を中心に、全体をバランスよくご紹介くださっています。 福島在行先生による「平和博物館関係研究文献リスト(2009~2019)」など、貴重な資料

遠藤さんと土門さんと大川さん――本屋B&Bでのイベント

小説家の土門蘭さん。 工芸・現代美術家の遠藤薫さん。 映画監督で本書の編著者である大川史織さん。 昨夜は本屋B&Bさんの主催で、3人のトークイベントを行いました。 (アーカイブ視聴もできます。詳しくはこちらを) 2019年の10月、大川さんは遠藤さんに会うために、ベトナムまで行きました。 9月に執筆の依頼をしたら、即座に、うちに泊まればいいからハノイにおいでよとお誘いいただき、取材のついでに映画の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.