• みずき書林

早坂暁『この世の景色』入稿完了!


次の新刊、早坂暁先生の『この世の景色』、印刷さんへ入稿完了しました~!

入稿作業はなにかと慌ただしいものですが、ご遺族の奥様、デザイナー、組版さん、印刷さんとスムーズな連携で、予定よりかなり早く入れられました。

みなさま、ありがとうございました。


先生の奥様から原稿をいただいたのが6月末だったので、実質2カ月ちょっとで完成まで持っていきました。


装丁はこんな感じに。



カバーソデの早坂先生が、とてもいい表情なのです。


考えてみれば、46判の本を作るのは、みずきさんでははじめてです。

意外に、46判はやっていなかったんですね。


白い紙。ギミックのない文字だけの本文。穏やかなタッチの装丁画。書き手の心優しさが伝わる読みやすい文章。

しっとりと落ち着いた、本らしい本になります。


18日見本。

発売開始は9月30日の予定です。


最新記事

すべて表示

歴史が傍らに立つ

9月17日(金) 偶然が重なり、ドキドキした1日。 まだ情報解禁できないので思わせぶりな書き方になりますが、午前中に見つけたある発見と、午後に届いたある知らせがつながって、嬉しい驚きになりました。 歴史がふと近寄ってきて自分の傍らに立つような。 いまここに歴史が浸透してくるような。 我々が過去を見つめるとき、過去もまた我々を見つめている。その過去からの視線を感じました。 何かを調べたり追いかけたり