• みずき書林

早坂暁エッセイ集『この世の景色』特設サイト、オープン!


みずき書林の次の新刊、

早坂暁『この世の景色』

特設サイトを公開しました。


小社トップページのアイコンはお遍路さんにしました。

赤塚不二夫の描くところのおでんではありません。



今回のサイトの目玉は、やはり先生自身の文章です。

本書収録のエッセイから「偽せ者」「春子の人形」のふたつの全文を読めるようにしています。


ユーモラスで奇妙で、どこかほろ苦い「偽せ者」。

広島で死んだ先生の〈妹〉について綴った「春子の人形」。

現在を生きるための明るさと、過去に対する優しさと静かな怒り、ともに早坂暁という作家の面目躍如たる文章です。

ぜひご一読ください。



また、本書の「はじめに」は女優の桃井かおりさんに寄稿いただいております。

全文は本書をご覧いただければと思いますが、勢いがある素敵な文章です。


そして「あとがき」は早坂先生の奥様、富田由起子さん。

収録のエッセイを選んでくださった、実質的な編者でもあります。

こちらもぜひ本書で全文を読んでいただければと思いますが、「生まれ変わっても、また」と題された、とても素晴らしい文章です。


このふたつのテキストに挟まれた早坂暁先生。

彼がどれだけ〈愛されキャラ〉だったかがよくわかります。


9月末刊行の本書とあわせて、ご覧いただければ幸いです。



小豆島にて(©西田茂雄)

最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.