top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

早坂暁エッセイ集『この世の景色』特設サイト、オープン!


みずき書林の次の新刊、

早坂暁『この世の景色』

特設サイトを公開しました。


小社トップページのアイコンはお遍路さんにしました。

赤塚不二夫の描くところのおでんではありません。



今回のサイトの目玉は、やはり先生自身の文章です。

本書収録のエッセイから「偽せ者」「春子の人形」のふたつの全文を読めるようにしています。


ユーモラスで奇妙で、どこかほろ苦い「偽せ者」。

広島で死んだ先生の〈妹〉について綴った「春子の人形」。

現在を生きるための明るさと、過去に対する優しさと静かな怒り、ともに早坂暁という作家の面目躍如たる文章です。

ぜひご一読ください。



また、本書の「はじめに」は女優の桃井かおりさんに寄稿いただいております。

全文は本書をご覧いただければと思いますが、勢いがある素敵な文章です。


そして「あとがき」は早坂先生の奥様、富田由起子さん。

収録のエッセイを選んでくださった、実質的な編者でもあります。

こちらもぜひ本書で全文を読んでいただければと思いますが、「生まれ変わっても、また」と題された、とても素晴らしい文章です。


このふたつのテキストに挟まれた早坂暁先生。

彼がどれだけ〈愛されキャラ〉だったかがよくわかります。


9月末刊行の本書とあわせて、ご覧いただければ幸いです。



小豆島にて(©西田茂雄)

最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page