• みずき書林

早坂暁先生の命日

最終更新: 2019年12月17日

2017年の12月16日、早坂先生が亡くなりました。



先日、徳島新聞に『この世の景色』の書評が載りました。

「人生の遍路道を巡る」と題して、88歳で亡くなった早坂先生と地元四国の遍路道を重ねて評していただいています。


「四国霊場88カ所と深い縁があった早坂さんの人生の遍路道を巡ったような気持ちになる一冊だ」


「死を覚悟して歩き続けるお遍路さんを接待してきた四国人の心情を見る」



翌朝、先生の訃報はニュースとなって全国に流れました。

その日は日曜日で、僕は呆然としたまま銀座まで歩き、大林宣彦監督の新作を観て、また歩いて帰ってきたのを憶えています。



最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.