• みずき書林

早坂暁先生の命日

最終更新: 2019年12月17日

2017年の12月16日、早坂先生が亡くなりました。



先日、徳島新聞に『この世の景色』の書評が載りました。

「人生の遍路道を巡る」と題して、88歳で亡くなった早坂先生と地元四国の遍路道を重ねて評していただいています。


「四国霊場88カ所と深い縁があった早坂さんの人生の遍路道を巡ったような気持ちになる一冊だ」


「死を覚悟して歩き続けるお遍路さんを接待してきた四国人の心情を見る」



翌朝、先生の訃報はニュースとなって全国に流れました。

その日は日曜日で、僕は呆然としたまま銀座まで歩き、大林宣彦監督の新作を観て、また歩いて帰ってきたのを憶えています。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン