• みずき書林

早坂暁先生の命日

最終更新: 2019年12月17日

2017年の12月16日、早坂先生が亡くなりました。



先日、徳島新聞に『この世の景色』の書評が載りました。

「人生の遍路道を巡る」と題して、88歳で亡くなった早坂先生と地元四国の遍路道を重ねて評していただいています。


「四国霊場88カ所と深い縁があった早坂さんの人生の遍路道を巡ったような気持ちになる一冊だ」


「死を覚悟して歩き続けるお遍路さんを接待してきた四国人の心情を見る」



翌朝、先生の訃報はニュースとなって全国に流れました。

その日は日曜日で、僕は呆然としたまま銀座まで歩き、大林宣彦監督の新作を観て、また歩いて帰ってきたのを憶えています。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴