• みずき書林

早坂暁脚本『夏少女』@ポレポレ東中野

10時過ぎ。

ポレポレ東中野にて『夏少女』を観る。

公式サイトはこちら


早坂暁先生の脚本。主演は桃井かおりさん。

1996年に完成していたものの、いろいろあったみたいで初公開の映画。


瀬戸内の穏やかな海、中国地方の方言、サックス・ラジオ体操・児童合唱などの歌、広島。と、早坂先生のエッセンスが詰まったような映画。

『花へんろ』『夢千代日記』『天下御免』など、先生の代表作はすべて、海とことばと歌と歴史を含んでいるんだとあらためて感じました。


劇場はかなり埋まっていて、平日の昼間なのに7割くらいはお客さんがいたと思います。

時間帯なのか、23年を経ての公開という作品の性質なのか、ご高齢の方が多い(ヘタしたら僕が最年少だった)。

この世の景色』は若い人にも読んでほしいですが、こういう人たちにも届けないと。

SNSではないのだろう。さて、どうする。




最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.