• みずき書林

早坂暁脚本『夏少女』@ポレポレ東中野

10時過ぎ。

ポレポレ東中野にて『夏少女』を観る。

公式サイトはこちら


早坂暁先生の脚本。主演は桃井かおりさん。

1996年に完成していたものの、いろいろあったみたいで初公開の映画。


瀬戸内の穏やかな海、中国地方の方言、サックス・ラジオ体操・児童合唱などの歌、広島。と、早坂先生のエッセンスが詰まったような映画。

『花へんろ』『夢千代日記』『天下御免』など、先生の代表作はすべて、海とことばと歌と歴史を含んでいるんだとあらためて感じました。


劇場はかなり埋まっていて、平日の昼間なのに7割くらいはお客さんがいたと思います。

時間帯なのか、23年を経ての公開という作品の性質なのか、ご高齢の方が多い(ヘタしたら僕が最年少だった)。

この世の景色』は若い人にも読んでほしいですが、こういう人たちにも届けないと。

SNSではないのだろう。さて、どうする。




最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴