top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

早坂暁脚本『夏少女』@ポレポレ東中野

10時過ぎ。

ポレポレ東中野にて『夏少女』を観る。

公式サイトはこちら


早坂暁先生の脚本。主演は桃井かおりさん。

1996年に完成していたものの、いろいろあったみたいで初公開の映画。


瀬戸内の穏やかな海、中国地方の方言、サックス・ラジオ体操・児童合唱などの歌、広島。と、早坂先生のエッセンスが詰まったような映画。

『花へんろ』『夢千代日記』『天下御免』など、先生の代表作はすべて、海とことばと歌と歴史を含んでいるんだとあらためて感じました。


劇場はかなり埋まっていて、平日の昼間なのに7割くらいはお客さんがいたと思います。

時間帯なのか、23年を経ての公開という作品の性質なのか、ご高齢の方が多い(ヘタしたら僕が最年少だった)。

この世の景色』は若い人にも読んでほしいですが、こういう人たちにも届けないと。

SNSではないのだろう。さて、どうする。




最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page