• みずき書林

昔の日記が出てきた

トランクルームで昔の日記をみつけた。



大学に入学するために東京に出てきて、杉並区下井草なる街でひとりぐらしを始めてから、断続的につけていたもの。

97年入学なので、もう23年も経ったのか。

23年。

頭がくらくらする。


そしてそんなに時間が経っているのに、この頃のことはけっこう思い出せる。

もちろん日々の細かいことは記憶していないけど、あの頃の気分や雰囲気は、なんとく憶えている。

いまだに、冷静には読めない。


以下は97年4月4日。

まさに日記を書き始めた日。

孤独感がやばい。かわいそうだ。


入学式はしたものの講義はまだ始まらず、授業登録をやっただけで一日が終わってます。

ひとりで上京しているので友だちもいない。アパートの管理人のおばあちゃんとしか喋っていないと愚痴っている(笑)。



それから一年経つとどうなるかというと、なんだか爛れた生活になっていました(苦笑)。

音入れしたり編集したりしていますが、当時は映画サークルに入っていたのです。

徹夜を繰り返し、「とんでもなく多忙で食生活も最悪、今日の曜日もわからない」って、わずか1年でダメ学生に成り下がっています……。

(個人名は隠してます)


友達できてよかったね。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン