• みずき書林

昔の日記が出てきた

トランクルームで昔の日記をみつけた。



大学に入学するために東京に出てきて、杉並区下井草なる街でひとりぐらしを始めてから、断続的につけていたもの。

97年入学なので、もう23年も経ったのか。

23年。

頭がくらくらする。


そしてそんなに時間が経っているのに、この頃のことはけっこう思い出せる。

もちろん日々の細かいことは記憶していないけど、あの頃の気分や雰囲気は、なんとく憶えている。

いまだに、冷静には読めない。


以下は97年4月4日。

まさに日記を書き始めた日。

孤独感がやばい。かわいそうだ。


入学式はしたものの講義はまだ始まらず、授業登録をやっただけで一日が終わってます。

ひとりで上京しているので友だちもいない。アパートの管理人のおばあちゃんとしか喋っていないと愚痴っている(笑)。



それから一年経つとどうなるかというと、なんだか爛れた生活になっていました(苦笑)。

音入れしたり編集したりしていますが、当時は映画サークルに入っていたのです。

徹夜を繰り返し、「とんでもなく多忙で食生活も最悪、今日の曜日もわからない」って、わずか1年でダメ学生に成り下がっています……。

(個人名は隠してます)


友達できてよかったね。


最新記事

すべて表示

28日(水)はデザイナー宗利さんを中心として、宗利さんにお世話になっているひとり出版社仲間が集まって会食。 思えば前職を辞めてみずき書林を立ち上げたとき、真っ先に連絡をとったのが組版の江尻さんと、デザイナーの宗利さんでした。 新しい出版社での仕事は、このおふたりと組めれば最高だと思っていました。 いまなお、ずっと付き合いが続いているのは、とても幸福なことです。 29日(木)はケモ。 10時に家を出