• みずき書林

昔の日記が出てきた

トランクルームで昔の日記をみつけた。



大学に入学するために東京に出てきて、杉並区下井草なる街でひとりぐらしを始めてから、断続的につけていたもの。

97年入学なので、もう23年も経ったのか。

23年。

頭がくらくらする。


そしてそんなに時間が経っているのに、この頃のことはけっこう思い出せる。

もちろん日々の細かいことは記憶していないけど、あの頃の気分や雰囲気は、なんとく憶えている。

いまだに、冷静には読めない。


以下は97年4月4日。

まさに日記を書き始めた日。

孤独感がやばい。かわいそうだ。


入学式はしたものの講義はまだ始まらず、授業登録をやっただけで一日が終わってます。

ひとりで上京しているので友だちもいない。アパートの管理人のおばあちゃんとしか喋っていないと愚痴っている(笑)。



それから一年経つとどうなるかというと、なんだか爛れた生活になっていました(苦笑)。

音入れしたり編集したりしていますが、当時は映画サークルに入っていたのです。

徹夜を繰り返し、「とんでもなく多忙で食生活も最悪、今日の曜日もわからない」って、わずか1年でダメ学生に成り下がっています……。

(個人名は隠してます)


友達できてよかったね。


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴