top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

昔の日記が出てきた

トランクルームで昔の日記をみつけた。



大学に入学するために東京に出てきて、杉並区下井草なる街でひとりぐらしを始めてから、断続的につけていたもの。

97年入学なので、もう23年も経ったのか。

23年。

頭がくらくらする。


そしてそんなに時間が経っているのに、この頃のことはけっこう思い出せる。

もちろん日々の細かいことは記憶していないけど、あの頃の気分や雰囲気は、なんとく憶えている。

いまだに、冷静には読めない。


以下は97年4月4日。

まさに日記を書き始めた日。

孤独感がやばい。かわいそうだ。


入学式はしたものの講義はまだ始まらず、授業登録をやっただけで一日が終わってます。

ひとりで上京しているので友だちもいない。アパートの管理人のおばあちゃんとしか喋っていないと愚痴っている(笑)。



それから一年経つとどうなるかというと、なんだか爛れた生活になっていました(苦笑)。

音入れしたり編集したりしていますが、当時は映画サークルに入っていたのです。

徹夜を繰り返し、「とんでもなく多忙で食生活も最悪、今日の曜日もわからない」って、わずか1年でダメ学生に成り下がっています……。

(個人名は隠してます)


友達できてよかったね。


最新記事

すべて表示

岡田林太郎についてのお知らせ

岡田林太郎の妻です。 いつもこのBlogを楽しみにしてくださり、ありがとうございます。 かねてから病気療養中でした岡田林太郎が、去る7月3日の3:00ごろ自宅で息をひきとりました。 享年45歳でした。 一般的にみれば、早すぎる死といわざるをえません。 ですが本人は、短い人生だったけれど悔いはないとさっぱりした口調で申していました。 これもひとえに、夫と縁をもってくださった皆さまと充実した時間を過ご

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

Comments


bottom of page