• みずき書林

星屑ロンリネスって


昨日は、前職の人びとと飲む。

80年代の懐かしい曲がかかりまくるレトロ趣味の酒場。

食事も酒も、駄菓子屋的・屋台的・サ店的なものばかり。


久しぶりに会った人もいたのに、もうね。まとまった話なんかできないの。

YMCAの振り付けしたり、Romanticが止まらないのコーラスつけたり、星屑ロンリネスについて話し合うのに忙しくて。

人工着色料で真っ赤なタコ型ウインナーや、ガリガリ君がそのまま突っ込んである酒や、コンビーフ焼いただけの皿や、やかんに入った多量のビールが出てくるたびに話を持っていかれるので。

4時間近くいたのに、何の話をしたのかほとんど覚えてない。少し懐かしくてふわふわしていて、まさに80年代歌謡曲的な夜でした。



でも楽しかった。

久しぶりに、会社員だったころの雰囲気を思い出しました。

また飲みましょう(でも次は静かな店でスタートだ。聖子ちゃんカットのポスターで埋め尽くされた店は、一次会から行くところじゃない)。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン