• みずき書林

星屑ロンリネスって


昨日は、前職の人びとと飲む。

80年代の懐かしい曲がかかりまくるレトロ趣味の酒場。

食事も酒も、駄菓子屋的・屋台的・サ店的なものばかり。


久しぶりに会った人もいたのに、もうね。まとまった話なんかできないの。

YMCAの振り付けしたり、Romanticが止まらないのコーラスつけたり、星屑ロンリネスについて話し合うのに忙しくて。

人工着色料で真っ赤なタコ型ウインナーや、ガリガリ君がそのまま突っ込んである酒や、コンビーフ焼いただけの皿や、やかんに入った多量のビールが出てくるたびに話を持っていかれるので。

4時間近くいたのに、何の話をしたのかほとんど覚えてない。少し懐かしくてふわふわしていて、まさに80年代歌謡曲的な夜でした。



でも楽しかった。

久しぶりに、会社員だったころの雰囲気を思い出しました。

また飲みましょう(でも次は静かな店でスタートだ。聖子ちゃんカットのポスターで埋め尽くされた店は、一次会から行くところじゃない)。


最新記事

すべて表示

昨日は田中さん主催の日記文化の研究会。 NHKスペシャル「新・ドキュメント太平洋戦争』の制作ディレクター・長野怜英さんと酒井有華子さんの発表ののち、討論。 とても刺激的な話だった。 個人的に面白かったのは要約すれば2点。 1点目は、何度も書きもして喋りもしていることだけど、つまるところ〈顔が見える〉という点に、僕は感興を憶えるということ。 「NHKが作った大作ドキュメンタリー」といわれれば、膨大な