• みずき書林

星屑ロンリネスって


昨日は、前職の人びとと飲む。

80年代の懐かしい曲がかかりまくるレトロ趣味の酒場。

食事も酒も、駄菓子屋的・屋台的・サ店的なものばかり。


久しぶりに会った人もいたのに、もうね。まとまった話なんかできないの。

YMCAの振り付けしたり、Romanticが止まらないのコーラスつけたり、星屑ロンリネスについて話し合うのに忙しくて。

人工着色料で真っ赤なタコ型ウインナーや、ガリガリ君がそのまま突っ込んである酒や、コンビーフ焼いただけの皿や、やかんに入った多量のビールが出てくるたびに話を持っていかれるので。

4時間近くいたのに、何の話をしたのかほとんど覚えてない。少し懐かしくてふわふわしていて、まさに80年代歌謡曲的な夜でした。



でも楽しかった。

久しぶりに、会社員だったころの雰囲気を思い出しました。

また飲みましょう(でも次は静かな店でスタートだ。聖子ちゃんカットのポスターで埋め尽くされた店は、一次会から行くところじゃない)。


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴