• みずき書林

星屑ロンリネスって


昨日は、前職の人びとと飲む。

80年代の懐かしい曲がかかりまくるレトロ趣味の酒場。

食事も酒も、駄菓子屋的・屋台的・サ店的なものばかり。


久しぶりに会った人もいたのに、もうね。まとまった話なんかできないの。

YMCAの振り付けしたり、Romanticが止まらないのコーラスつけたり、星屑ロンリネスについて話し合うのに忙しくて。

人工着色料で真っ赤なタコ型ウインナーや、ガリガリ君がそのまま突っ込んである酒や、コンビーフ焼いただけの皿や、やかんに入った多量のビールが出てくるたびに話を持っていかれるので。

4時間近くいたのに、何の話をしたのかほとんど覚えてない。少し懐かしくてふわふわしていて、まさに80年代歌謡曲的な夜でした。



でも楽しかった。

久しぶりに、会社員だったころの雰囲気を思い出しました。

また飲みましょう(でも次は静かな店でスタートだ。聖子ちゃんカットのポスターで埋め尽くされた店は、一次会から行くところじゃない)。


最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.