• みずき書林

時間旅行と本。『guruguru』発売中!


タイムトラベル専門書店utouto店長、藤岡みなみさんのZINE「guruguru」、小社のオンラインショップで発売開始しています。




あらためてご紹介しておきますと。


utoutoは、藤岡みなみさんが比留川香さん、なかいかおりさんと運営している本屋さんです。

その第一の特徴は、タイムトラベルをあつかった書籍や、時間を感じさせるグッズをあつかうセレクトショップであること。

比留川さんは文房具の達人であり、なかいさんは絵本作家です。

彼女たちがそれぞれの視点からセレクトした時間と旅にまつわるグッズが集められています。


第二の特徴は、店舗が移動式であること。

utoutoには固定店舗がありません。日本各地のギャラリーや店舗に現れては、時期が来たら時空の裂け目に消えていきます。

本や文具といった扱っているソフトはいうまでもなく、お店というハードそのものもタイムマシン的だといえるでしょう。


今回発売するZINE「guruguru」は、そんな本屋さんの経営記です。

でも単なるエッセイ集ではありません。

ストーリーテリング的なしかけがあり、なかいさんのイラストがあり、比留川さんの手書き文字があったりします。

新しいことをはじめたい人、本屋さんや出版に関心がある人、そしてタイムトラベラー必携です。


このようなZINEをいくつか積み重ねて、いずれ本にする予定です。

guruguruの中で、

「書くことは、タイムトラベル」

という比留川さんの台詞が登場します。

僕の好きな歌人は「歌を詠むことは、時間に重りをつけること」と言いました。

ことばという重りをつければ、その時は心に定着してずっと残り続けます。そのことばを読めば、その時に戻ってくることができます。

このZINEが、彼女たちにとって、手に取ってくださった方にとって、そのようなタイムマシン的な重りになればいいなと思います。


*****


余談ながら。

藤岡さんがプロデューサーをつとめた大川史織さんの映画『タリナイ』の制作・配給チームは、春眠舎といいます。

うとうとしたり、暁を覚えず春眠したり、彼女たちはまどろみながら夢を見るのが好きなのかもしれません。


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴