• みずき書林

暗闇の中で一人枕をぬらす夜は

友人が詩集を送ってくれました。


ありがとう。

感想を書くのは今はすこししんどいね。

またいずれ書くかも。

もしくは、今度会ったときに話ができれば。

このことばを僕に分けてくれたことを感謝します。


ひとまず、心に残った詩を写しておこう。


*


もしも 私が死んだら

おざしきぼっこに私はなりたい

誰にも知られず ざしきの中で

みんなと一緒に笑っていたい


*


神様

あなたは私の怠けぐせをなげかれて

私をこんな病気になさったのですね

あなたが私に与えてくれたものを

私はちっともつかおうとしなかったから


でも神様 おねがいです

もう私を試みにはあわせないでください


私は弱い人間です

私が今 私のもっているあらゆる力で戦っていることを

でももうこれ以上は耐えられないことを

あなたは一番良くご存じではありませんか


*


暗闇の中で一人枕をぬらす夜は

息をひそめて

私をよぶ無数の声に耳をすまそう

地の果てから 空の彼方から

遠い過去から ほのかな未来から

夜の闇にこだまする無言のさけび

あれはみんなお前の仲間達

暗やみを一人さまよう者達の声

沈黙に一人耐える者達の声

声も出さずに涙する者達の声






最新記事

すべて表示

名前の由来である人の代表作であるにもかかわらず不勉強にして今まで未読だった、鷗外森林太郎の『渋江抽斎』を読了。 延々淡々とした記述に、自分はいったい何を読まされているのだろう?と思いながら読み進めていくと、以下の文章に行き当たります。 「わたくし」というのは当然、鷗外自身のことです。 「わたくしはまたこういう事を思った。抽斎は医者であった。そして官吏であった。そして経書や諸子のような哲学方面の書を