top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

書評掲載ランキング

みずき書林が所属している版元ドットコムという出版サイトがあります。

いまは会員社409社、登録点数62000点という、巨大サイトになっています。


最近はコロナの影響で会員集会がなかったので、そのかわりに資料が送られてきました。


サイトのアクセス数とか、書籍ごとのアクセスランキングとか、たくさんの情報が載っています。


そのなかに「書評掲載数ランキング」というのがあり、

2021年は、

17位に『なぜ戦争をえがくのか

29位に『近頃なぜか岡本喜八

がランクイン!

2020年は

6位に『この世の景色

がランクイン!(掲載回数が見切れていますが、14件でした)




嬉しいことですね。

『なぜ戦争をえがくのか』は、集計期間の事情で9件17位ですが、実はいま現在で15件の掲載があります。

ある人から(といっても執筆者のひとりである諏訪敦さんなのですが(笑))

「あの本は図版も何もない地味な本なのに、書評掲載数だけはすごい多かったよね」

とお褒めのことば?をいただいたのでした(苦笑)。


あと、『なぜ戦争体験を継承するのか』も集計期間の都合でランキングに入っていませんが、8件の掲載がありました。


こんなふうに書評に載るのは、すごく嬉しいなあ。


最新記事

すべて表示

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

bottom of page