top of page
  • みずき書林

未練について

あれもしたかった、これもできればよかった。と思うことがいくつかあります。

でも残念ながら、時間や体力などさまざまな要因で、もう諦めないといけないことです。

それをいつまでも、したかった、できればよかったと思い続けるのはしんどい。だから、そういうことについてはなるべく考えないようにします。考えても仕方がないことでもありますし。

未練というのは、なかなか苦しくやるせない感情です。


だから、あれもできる、これもできる。というのは本当に素晴らしいことだと実感しています。

普通に仕事ができて、酒飲んでごはんが食べられるなんて、最高の人生だよ。

いま、まともに仕事ができなくなり、酒はいうまでもなく、食事もまったく摂れなくなって、実感されます。

なにも特別なことができなくてもかまわない。

何でもないことができなくなっていって、そのことを未練に感じるのは、なかなかにしんどい。

このところ、未練の泥沼に捉えられそうになることがいくつか続きました。

だから繰り返しますが、普通に仕事ができて、酒飲んでごはんが食べられたら、最高の人生だよ。

bottom of page