top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

本が買われる瞬間


28日(水)、今野書店に向かう。

新しくパネルを設置するため。

簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。

しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。

嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。


帰りの電車の中で土門さんにメール。

初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。


その足で森岡書店へ。

最後のインスタライブ配信。

その直前に来店したお客さんが『なぜ戦争をえがくのか』を買ってくださる。

自分で作った本が売れていく現場を見られるのはとても嬉しい。


19時過ぎからライブ配信。

大川さんと森岡さんと。

遠藤さんが現場で、諏訪さんと後藤さんがオンラインで聴いてくださっていた。

全6回の配信も無事にすべて終了。


帰宅してライブ配信を聞き直すが、自分の発言が舌足らずな表現ばかりでほんとに反省する。言いたいことを的確に手短に喋る言語化能力が欲しい。



東京の感染者数が過去最多。

全国的にも増えていて、連日すごい数になっている。

緊急事態宣言はもはや日常。若い層の感染者が多いのだとか。高齢者を中心にワクチン接種がある程度進んでいることが、国民にとって喜びとならずに油断になっている。

トークライブで大川さんが「このタイトルは『なぜ日常をえがくのか』のようなもの」と言っていたことを思い出す。

「日本人がメダルをとれば、批判は収まる」とうそぶいていた為政者たちは、「勝てば厭戦気分は吹き飛ぶ」と言っていた当時の政治家・軍人たちと本質的に変わらない。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page