• みずき書林

本を持ち帰る

僕が暮らしているマンションには、同じフロアに猫の額ほどのトランクルームがあって、自宅で仕事を始める際に片付けた本が、段ボールに入れて大量に積み上げてある。

今朝はその段ボール箱を漁って、目についた何冊かを自室に持ち帰る。

久しぶりに読み返そうと思った本や、買ったけども読んでいなかった本、読んだか読んでいないか記憶にない本。


午後は近所の書店に行き、新刊を何冊か。恵比寿駅の有隣堂。

わりと大きめの本屋だし、欲しかった本はすべてビッグタイトルなので、こういうときはネットは使わずに、できるだけ書店で買うことにしている。


倉庫からであれ街からであれ、本をまとめて持ち帰るのは気分がいいし、持ち帰った本を積み上げて、本の小山を横目でちらちら見ながら読書するのは、いいものですね。

倉庫から救い出してきた本


新刊本。

最新記事

すべて表示

小道具を散りばめて心をのぞく――藤岡みなみ私論

タイムトラベル専門書店utoutoプレゼンツ、タイムトラベラー養成講座の情報が公開になりました。 小社の関係では、大川史織さん、音食紀行・遠藤雅司さんが登壇。 藤岡さんとのトークイベント、楽しみですね。 「100日間シンプル生活」が終わってしばらく経ち、いささか遅きに失した観があるものの、このタイミングで、タイムトラベルと「100日間シンプル生活」に絡めて、極私的・藤岡みなみ論を。 (対象との距離

ダンス・ダンス・ダンス

僕らのまわりにある大抵のものは僕らの移動にあわせてみんないつか消えていく。それはどうしようもないことなんだ。消えるべき時がくれば消える。そして消える時が来るまでは消えないんだよ。たとえば君は成長していく。あと二年もしたら、その素敵なワンピースだってサイズがあわなくなる。トーキング・ヘッズも古臭く感じるようになるかもしれない。――『ダンス・ダンス・ダンス』 なんやかんやと言われますが、村上春樹が好き

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.