• みずき書林

本屋B&Bのトークイベントに登壇します

9月17日(木)20:00~22:00

に、B&Bのトークイベントに参加します。


飯沼珠実×岡田林太郎×後藤亨真×内沼晋太郎

本と会社のつくりかた

『建築のことばを探す 多木浩二の建築写真』(建築の建築)重版記念


ひとり出版社仲間のコトニ社後藤さんに誘われて参加します。


イベントタイトルからわかるとおり、飯沼さんメインのイベントです(だと思う)。


B&B店主の内沼さんがピッチャーで飯沼さんがバッターで、ぼくらは飯沼さんが打ったボールをフォローする野手。

あるいはぼくらがパスを回して飯沼さんがシュートして、内沼さんが守るゴールに迫る。

みたいなイメージでいるのですが、なんにせよどうなるかわかりません。


フタを開けてみれば、玉入れみたいにみんながてんでにタマを投げてるかもしれず。



独立してから、B&Bのイベントは客として聴いたこと(大川さんと藤岡さんのイベント)、裏方として参加したこと(『いかアサ』の甲冑トーク)はありましたが、まさか自分が登壇する側になるとは思ってもいませんでした。


不思議なことに、いままでで一番緊張しないというか、気が楽です。

ぼくはともかく、他のお三方はそれぞれにしっかりした方々で、お任せしておけば安心だからでしょうか。

ここは自分が楽しみます。


我々は下北のB&Bに集合して配信しますが、視聴はオンラインオンリーです。

当日会場にお越しになっても聴けないとのことなのでご注意ください。




最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.