top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

村上春樹の教え


自分の本を書いています。

これまでのブログを約100件分ピックアップして、それに注釈としていまの感情を書き下ろしていく、という構成です。

いままで1100件ほどの記事を書いてきたので、約100件というのはそのうちざっと10%程度ということになります。

これを抜粋する作業だけでもけっこう大変でした。


そこにいまの思いを書き下ろしていくのですが、この作業がそれにも増して大変です。

僕がいままで編集者としてどんな無理難題を著者に言ってきたのか、やっと気づきました(笑)。


毎日なんやかんやとすることがあって、体調も万全とはいかなくて、書き下ろし部分の作業がなかなか進められないことも多い。


そんなとき、村上春樹の『職業としての小説家』を再読しました。

「時間を味方につける――長編小説を書くこと」という章があって、いかにも村上春樹らしい規則正しく自律性に富んだ具体的な執筆作法は、いま読み返してよかったと思えるものでした。

僕も彼にならって、毎日3日分、何があろうとも書いていくことにします。

毎日3日分書いていけば、1カ月で90日分ですから、100日分はほぼ完了する計算です。

その後読み直してブラッシュアップする作業はあるにしても、とにかくいったん最後まで書き切ってしまうことが大事なんだと思います。

毎日3回分、1カ月で1周目のゴールイン、ひとまずこれを目指します。


そんなわけで後藤さん、もう少し待っててください。




最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

bottom of page