top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

松本智秋『旅を、もうひとさじ』を読みたい方へ


ここ最近、リトルプレス『旅を、もうひとさじ』を読みたいという未知の方からの問い合わせが何件かありました。

そこで同書の入手方法について書いておきます。


というかそもそも同書は完全限定生産・非売品のつもりで、智秋さんと親しかった人だけに配布するつもりでした。よって、一般書店に流通はしていませんし、価格もISBNもついていません。書店やウェブ上で普通に入手することは不可能です。

欲しい方は、お送り先の郵便番号と住所を記して、小社まで直接お問い合わせくださいませ。

目下、僕の手元に28冊の在庫があります。これがなくなったらおしまいです。

rintarookada0313@gmail.com


なお上記のように価格のないものですので、販売はいたしません。

あくまで智秋さんを知っていてこの冊子を手元に置いておきたい、あるいは『旅をひとさじ てくてくラーハ日記』を読んで、さらに智秋さんのことを知りたくなったという方のみに、お送りします。

(書籍代はもちろん、送料もいただきません。日本郵便のクリックポストでお届けします)


なお内容的には、こちらの『旅をひとさじ』の特設サイトに「旅のエッセイ」として不定期連載していた内容と同じものです。

ここに書かれているテキストと写真を冊子のかたちにまとめたものとなります。



ひとり旅を愛し、美味しいごはんを食べることを愛した智秋さん。

いまは天国を旅している智秋さんがこの世に残した文字と写真、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。

前述の通り完全限定・非売品ですので、お早めにどうぞ!






最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page