• みずき書林

根本雅也『ヒロシマ・パラドクス』、第7回日本平和学会平和研究奨励賞!

根本雅也先生

『ヒロシマ・パラドクス――戦後日本の反核と人道意識』(勉誠出版、2018年)

が、

第7回日本平和学会平和研究奨励賞

を受賞しました!!



講評はこちらの平和学会公式サイトよりご覧ください。

かなりしっかりと書かれています。


なお同書の書評は、

『宗教からみる戦争』(評者:山本昭宏、みずき書林、2019年)

『日本オーラル・ヒストリー研究』第15号(評者:山田富秋、日本オーラル・ヒストリー学会、2019年)

でも、それぞれ長文で取り上げられています。



この本は、僕が前職で最後に手掛けていた本のひとつです。

すごく面白い原稿だと感じ、とりわけ第3部の〈身銭を切った〉迫力には圧倒されたものでした。

僕が退職して独立することになったので最後は後輩に託し、彼が先生と完成させた本ですが、根本先生とはいまなお交流があり、今年刊行する予定の本でも執筆いただく予定です。

この年末は、ちょうどその原稿を読んでいたところでした。



あれから75年となる今年のはじまりに、嬉しいニュースでした。

根本先生、心よりおめでとうございます。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴