• みずき書林

森岡さん家で午後8時にお茶を


タイトルは、種村季弘氏の『澁澤さん家で午後五時にお茶を』のパロディですが、まあ誰も気づかないだろうな。



7月23日。

今野書店に行き、土門蘭さんの『戦争と五人の女』を納品。さっそくフェア台に並べていただく。

13時30分、次の本の著者・智秋さんとデザイナー見元さんと待ち合わせ。

今野書店に案内して、いろいろとフェア本を買ってくださる。

見元さんは後藤さんの『サハリンをわすれない』と土門さんの『経営者の孤独。』を。

智秋さんは『ラディカル~』を。

その後、商店街のビストロでオムライスやナポリタンを前にランチミーティング。いい本になるに決まっている。


17時。

銀座へ移動開始。今野さんと森岡さんはけっこう遠い。


19時から、今野書店の担当書店員・花本さんをお迎えして、インスタライブ。

一冊の本だけを売る本屋さんと、都内屈指の棚作りの上手さを誇る街の本屋さんの対話。


20時に終了。

森岡書店の柏崎さん、森岡さん、大川さんと片づけ。

在廊していない間に、前職の後輩が来てくれていた。

彼が差し入れてくれたお菓子を4人でわけて、暗くなった路上で食べる。

疲れた身体に、ほのかな甘みが心地いい。

世間では開会式をやっている時間帯。でもそんなことは関係なく、夏の夜に、友人が持ってきてくれたベルギーワッフルを皆で立ったまま食べている。


何年か経って、憶えているのはたぶんそんな些細な場面なのかもしれない。


友人の顔が見たかったな。彼はフリーペーパーをちゃんと持って帰ったかな。そんなことだけ気にかかる。


悪くない夜。ということなんだろう。



最新記事

すべて表示

「わたしとはあなたでできている」

つくづく思うけれど、毎日、気持ちは変わります。 我ながら軽率なんじゃないかと思うくらい、気持ちは日々入れ替わります。 昨日はひどい気分でした。 今日はいい日でした。 それは午前中にもらった電話と、午後に会っていた人たちと、今日もらったいくつものメッセージのおかげです。 こうなる前までは、「大人は自分の機嫌は自分でとる」ということばに頷いていました。 毎日いろいろ起こるけど、大人たるもの、精神のバラ