top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

森岡さん家で午後8時にお茶を


タイトルは、種村季弘氏の『澁澤さん家で午後五時にお茶を』のパロディですが、まあ誰も気づかないだろうな。



7月23日。

今野書店に行き、土門蘭さんの『戦争と五人の女』を納品。さっそくフェア台に並べていただく。

13時30分、次の本の著者・智秋さんとデザイナー見元さんと待ち合わせ。

今野書店に案内して、いろいろとフェア本を買ってくださる。

見元さんは後藤さんの『サハリンをわすれない』と土門さんの『経営者の孤独。』を。

智秋さんは『ラディカル~』を。

その後、商店街のビストロでオムライスやナポリタンを前にランチミーティング。いい本になるに決まっている。


17時。

銀座へ移動開始。今野さんと森岡さんはけっこう遠い。


19時から、今野書店の担当書店員・花本さんをお迎えして、インスタライブ。

一冊の本だけを売る本屋さんと、都内屈指の棚作りの上手さを誇る街の本屋さんの対話。


20時に終了。

森岡書店の柏崎さん、森岡さん、大川さんと片づけ。

在廊していない間に、前職の後輩が来てくれていた。

彼が差し入れてくれたお菓子を4人でわけて、暗くなった路上で食べる。

疲れた身体に、ほのかな甘みが心地いい。

世間では開会式をやっている時間帯。でもそんなことは関係なく、夏の夜に、友人が持ってきてくれたベルギーワッフルを皆で立ったまま食べている。


何年か経って、憶えているのはたぶんそんな些細な場面なのかもしれない。


友人の顔が見たかったな。彼はフリーペーパーをちゃんと持って帰ったかな。そんなことだけ気にかかる。


悪くない夜。ということなんだろう。



最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page